“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

国保「広域化」の狙いは医療費抑制

国保『広域化』・値上げ反対し国保を守る実行委員会」結成される

 橋下府政が狙う国民健康保険(国保)の広域化や府内統一保険料の設定に対し、大阪社会保障推進協議会などで「国保『広域化』・値上げに反対し大阪の国保を守る実行委員会」が結成されました。

・広域化の流れと府の動き
 国保法が改正され「市町村国保への財政改善、収納向上、医療費適正化目標」などについて、都道府県の指導権限を強める方針が盛り込まれました。これは、市町村の一般会計からの繰り入れ廃止を背景に、都道府県主導で国保「広域化」を進めようとするものです。こうした中で、どこよりも早く橋下知事と16市町村代表は、国保「広域化」を年内に行うことで合意しています。

・保険料は値上げ、減免もほぼ廃止に!
 橋下知事と市町村代表が合意した府内統一保険料の前提には、各市町村で行なわれている一般会計からの国保会計への繰り入れをやめるということです。しかし、府下自治体の多くの国保会計は累積赤字となっています。解消には、繰り入れするか保険料を上乗せするしか方法はなく、繰り入れがなくなれば当然保険料は値上りすることになります。さらに、市町村が独自で実施している減免制度も廃止されることになるでしょう。


・市町村「国保」だからこそ住民の命を守れてきた! 市町村独自で繰り入れや減免をしてきたのは、地域住民の運動の成果であり、困難な住民を前にして動かざるを得なった自治体の誠意ある決断があったからです。国保の「広域化」とは、市町村が住民の命を守ると言う自治体本来の仕事を放棄することにほかなりません。

・医療改悪・橋下府政との大きなたたかい!
 国保「広域化」反対の運動は、民主党政権が進める「医療制度一元化」改悪路線とのたたかいであり、同政権の「地域主催改革」や、橋下知事が掲げる「大阪都」「関西州」構想に対して、住民自治を取り戻すものでもあります。今後、大阪社保協など8団体で、国保「広域化」と国保料値上げ反対の運動が進めることになりました。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-09-27 17:09 | Comments(0)