“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

原発「縮小・廃止」を求める国民は74%にも・・・



 いまだ収束の目途が立たない福島原発事故を機に、原発の「縮小・廃止」を求める国民の声が広がっています。世界でもスイスやドイツに続いて、イタリアでも国民投票の結果、原発撤退を決めました。日本でも政府は、原発からの撤退を決断し、それに変わる自然エネルギーの導入に踏み出すべきです。038.gif
 
 先日、朝日新聞に原発の調査結果がのっていました。結果は、「原発を段階的に減らして将来はやめるべき」に賛成の人が74%。また、NHKの調査でも、原発「縮小・廃止」が65%にもなっています。増やすべきだと応えた人はわずか1%だけ。日本のマスコミでは長年にわたり原発問題はタブーでした。そのマスコミが原発の是非を取り上げ出しています。
 
 福島原発事故は、基準で最悪の「レベル7」に達しており、放射能被害は広がり現在だけでなく将来にも害を及ぼし、住民のくらしと地域を破壊する重大な災害です。原発はいったん事故が起きればコントロールが利かない未完成の技術です。また、使用済み核燃料を安全に処理する技術も出来ていません。そんな原発を、地震国で津波の被害も多い日本に集中していることは危険です。

 最近、作家の村上春樹さんがスペインでの文学賞の授賞式で、原爆を体験した日本は、原発に対しても『ノー』を叫び続けるべきだと挨拶しました。政治的な立場を超えた角界の学識者から、原発政策の転換を求める発言が相次いでいます。
 
 民主党政権はエネルギー政策の見直しを言いながら、なお原発に依存する態度を変えていまん。
日本共産党とご一緒に、原発からの撤退を求める運動を広げようではありませんか。051.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-06-16 23:28 | 日誌 | Comments(0)