“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日本軍国主義が押しすすめた侵略戦争の惨禍

終戦特集、NHKスペシャル「戦慄の記録」を見ました。

「人間が人間でなくなる、狂気にかりたてていく」
戦争の悲惨さが伝わった力作です。

13日放送は「731部隊の真実エリート医学者と人体実験

日本軍は中国で、国防や国益のためとして細菌兵器を開発し、

中国や旧ソ連の罪もない人々を、細菌兵器開発の「実験材料」

としたのです。

15日放送の「戦慄の記録 インパール(インド)作戦」

イギリス軍の戦力を軽視した、日本軍部の無謀な戦いの惨劇。

餓死・戦死、自殺した日本兵の死屍累々が並んだ道は「白骨街道」

と呼ばれるほど凄惨、今も遺骨は放置されたまま。


戦争は「国家による人殺し」である

新たな資料が見つかり、高齢になった今だからこそと重い口を

開く人もあり、二度と戦争をしてはいけないという大きな教訓を

残してくれた。

この記録は、決して忘れてはならず、悲劇の記憶を、未来へと

継承していくべきです。


過去の戦争の誤りを反省しない政権は危険

 満州事変から始まった戦争で、アジア諸国民が2000万人以上、

日本国民で310万人が犠牲に。アジア・太平洋地域の領土、資源を奪い

権益をむさぼった日本の不当な行為は、国際社会から厳しく批判され、

日本は武装解除とともに、戦後憲法を受け入れたのです。


 残念ながら安倍首相は、侵略戦争や植民地支配に対し、「反省」や

「お詫び」を口にしたことは一度もありません。
 それどころか、戦争法、共謀罪強行など戦時体制を整えるのに
余念がなく、憲法9条に自衛隊を書き込んで、海外での武力行使に
道を開こうとしています。

 安倍政権の「戦争する国つくり」ストップ!
先の戦争の惨禍と反省を踏まえて、日本国民が得た宝物「憲法9条」を
絶対に
守り抜かなくては ‼
[PR]
by kuraji_sacchan | 2017-08-17 00:35 | 日誌 | Comments(0)