“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

交野母親大会に参加して

12月2日(日)アニメーション「キムの十字架」の上映をみて

 「キムの十字架」は、日本が朝鮮半島を植民地として支配し、徴兵・徴用・従軍慰安婦として百数十万人の朝鮮人を駆りだしていた第2次大戦末期の物語です。
 主人公の兄弟も、働き手として日本の長野県松代に強制連行されます。寒さと飢えの中、過酷な労働を強いられ多くの尊い命が奪われまた、弟も同胞の身代わりとなって命を落とします。
 始めからずっと、(恥ずかしいほど)涙が止まりません。数々の、日本軍の蛮行と理不尽に腹が立ち怒りの涙・・・。そして、郷里を思いながらも、戦後日本に住むことを余儀なくされた人のことを思うとまた、涙・・・。
 もう二度と戦争は起こさないと、反省の上につくられた日本の平和憲法ですが、今憲法を変えて、日本を再び戦争する国へと安部政権に続き福田政権も企んでいます。
 母親大会のスローガンは、「命を生み出す母親は 命を育て 命を守ることをのぞみます」とあります。
 平和な未来を子どもたちに引き継げるよう、ご一緒に平和憲法を守りましょう。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2007-12-03 00:02 | 日誌 | Comments(0)