“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:北部後援会行事( 7 )

 今日、梅雨明け宣言がされました、さすがに暑いです。
昨日は、熱中症で運ばれた人が500人近くに上ったとか。
訪問先で、一人暮らしの高齢者の方には、気をつけて頂くよう
声掛けをしています。
辛抱強いのが命とりになり兼ねないので・・・

 明日は、日本共産党北部後援会で、「戦争法案」について
学習会を行います。
安倍政権は「平和安全法制」という名をつけていますが、
戦争する国に変える法案なので、私たちは「戦争法案」と呼んでいます。

7月21日(火)午後2時~、 交野会館です。
都合の良い方はどなたでも、お越しください待ちしています。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2015-07-20 23:41 | 北部後援会行事 | Comments(0)
  11月末に、共産党北部後援会で、滋賀県の長浜市にある鶏足寺の紅葉を見に行ってきました。
 道に迷い、地道をウロウロ、着いたらちょうどお昼時でした。
「孤高庵」で食時後に、それぞれ鶏足寺へ。
お寺までは農道をゆっくり歩いて20分程度ですが、道端には観光シーズンなのでいろいろな出店が並んでいました。新鮮な野菜、赤飯まんじゅう、お芋など、そして何故か、から揚げ、焼き鳥までも。

 農道を過ぎて坂道を上がると広場へ、そこは一面の紅葉の世界です。
そして、紅葉のトンネルの下、ゆるやかな石段を登った境内では、200本に及ぶ赤や黄色のもみじの紅葉。
 「ワァ!」「すごいきれい」の声があちこちから。紅葉を目に焼き付け、癒されて大阪に戻ってきました。
c0152027_16315263.jpg
c0152027_16431837.jpg
c0152027_16482929.jpg

 

※ 鶏足寺
724年に僧行基(ぎょうき)によって創建されたが一度荒廃する。後に799 年に最澄(さいちょう)が天台宗の寺院として再興する。
室町期には僧坊百二十字を容する大寺院となり、湖北仏教文化圏の中核として隆盛を極め、小谷城主浅井家三代、次いで豊臣家の祈願所となる。
 しかし、地理的悪条件から次第に衰退し、最後に残った本堂も昭和8年に焼失する。
現在、鶏足寺と呼んでいるものは、以前は飯福寺いわれ735年に行基が開基した古寺で鶏足寺の別院であった
[PR]
by kuraji_sacchan | 2013-12-05 16:14 | 北部後援会行事 | Comments(0)

紅葉でリフレッシュ

c0152027_2121499.jpg
 23日、湖南三山と称される「長寿寺」「常楽寺」「善水寺」に地域後援会で行ってきました。
 「長寿寺」は紅葉真っ盛り。
陽射しをうけた赤・橙・黄色のもみじが見事です。
美味しい山栗とゆずを購入。

 

 「常楽寺」では出店の漬物を一通り試食、どれも美味しくてお土産買ってしまいました。
c0152027_21212813.jpg
 






 

 
 湖南十二坊「魔崖仏」ですが、分かりますか・・・
「魔崖仏」とは、崖にある石や岩に仏像を彫ったもの。
こんな崖に良く掘れたものです。


 国宝の仏像も見られ、歴史の深さと紅葉を堪能しました。
 
 もうすぐ始まる12月議会に向け、リフレッシュ出来ました。003.gif

 
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-23 21:09 | 北部後援会行事 | Comments(0)

戦争と平和を語るつどい

郡津駅前のそばや「乃田」で
 交野の「9条の会」発足に向けて、地域でイベントが行われています。
9/30 日に北部後援会でも、”戦争と平和を語るつどい”を蕎麦屋さんでもちました。全教の元委員長に来て頂き、軍国主義がすすむ中での歪められた教育について話していただきました。また、おいしい蕎麦をいただきながら、戦争の恐ろしさや悲惨さを参加者からお聞きしました
 
 戦前、日本共産党員の先輩は、アカや非国民と迫害されながらも屈せず、命がけで侵略戦争反対を唱えました。「蟹工船」の作者で日本共産党員の小林多喜二は、”平和と正義”と家族を愛しながらも、特高警察の拷問によって、29歳の若さで命を奪われました。033.gif    また、戦争という最大の暴力によって、弱者は2重の被害者となりました。植民地では、女性が日本軍の「従軍慰安婦」として、人間の尊厳が奪われる日々を過ごしました。(今も癒えない)
 今、戦前のような弾圧や暴力は出来にくくなっていますが、しかし、「生きることへの不当な迫害」は存在します。若者を「使い捨て」にする働かせ方、高齢者を「姥捨て山」に追い立てる差別医療、農家の未来を奪う農政、そして、社会では貧困と格差が広がっています。
 「生きることへの不当な迫害」に頭をたれない、傍観しない、より良くくらせる社会を目指す、そんな生き方は戦前も現代においても、価値ある人間的な生き方ではないでしょうか。049.gif     昨今、日本を戦争できる国にしようとする自公政治の動きがありますが、戦争放棄をうたった9条を、世界の宝物を守ろうではありませんか。

 戦後、共産党が主張した戦争放棄・基本的人権の尊重・国民主権が、しっかりと日本国憲法に刻み込まれました。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-10-01 00:18 | 北部後援会行事 | Comments(0)
 「廃プラ処理による公害から健康と環境を守る会」事務局 の長野晃さんから、健康被害の実態や廃プラ分別への問題提起がありました。
 
 4市(交野市も含む)リサイクル施設から持ち込まれた、廃プラスチックの再商品化を行っている民間施設イコール社(寝屋川)周辺の住民に健康被害が広がっています。「頭がしびれる、吐き気や発疹発熱、眠れない」などシックハウス症候群に該当する症状が出ています。寝屋川市や4市リサイクル施設は、この訴えに対し、因果関係が明らかでないと被害調査さえ行おうとしません。
 先日、この問題を日本共産党山下よしき衆議院が国会で取り上げ、環境問題の対応として「予防原則」、すなわち完全な科学的確実性がなくても深刻な被害をもたらす恐れがある場合には、対策を遅らせてはならないという立場を国・府・市がとるように求めた処です。
 廃プラのリサイクルについては、プラスチックには千種類もの化学物質が混入しており、リサイクル過程で未知の化学物質が発生している可能性もあることが学者から報告されています。  「健康と環境を守る会」では、廃プラ施設の操業停止を求める訴えをおこし、署名運動にも取り組んでいます。 健康被害の影響は、リサイクル施設から1キロ以内の星田の一部地域にも出ています。022.gif
 
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-06-29 23:08 | 北部後援会行事 | Comments(0)

2月後援会行事


 後期高齢者医療制度について
日時 2月24日(日) 交野会館(郡津駅前)
場所 午後2時30分から
 4月から、75歳以上を対象に医療制度が変わります。国民健康保険に入っている人も、こどもに扶養されている人も後期高齢者医療制度に移ることになります。保険料は年金から天引きとなり、受けられる医療も変わってきます。「姥捨てやま」制度と批判が上がっているこの制度をご一緒に学習しましょう。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-01-27 23:22 | 北部後援会行事 | Comments(0)

北部後援会行事

12月北部後援会行事

日時 12月23日〈日〉 12時~
場所 交野会館(郡津)駅前
会費 1000円
 
 軽食・飲みものを用意(立食パーティ)しています。もれなくプレゼントもあります。
フォークダンス・クリスマスソングなど、盛りだくさんの内容です。
皆さんのご参加をお待ちしています。
申し込みは、中上さち子まで TEL 893-6785
[PR]
by kuraji_sacchan | 2007-11-29 14:02 | 北部後援会行事 | Comments(0)