“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日誌( 96 )

 

大好きな柚子をお裾分けで頂く度に、我が家にも

柚子の木があったらなぁと、思っていました。

 それで、屋さんに仕入れてもらい、2月に花柚子の

接ぎ木を庭に植えました。

狭い庭に、5月になってから、白い小さい花が

いっぱい咲くようになりました。

c0152027_00465297.jpg

  「やったぁ!」と思ったら、
  ❀は咲いても
なかなか実は
   ならないとか、
  
  有
名な言葉に、

 「桃栗3年、柿8年、梅はすいすい
  13年、柚子は大バカ18年」

  というのがあるそうです。

 続きもあって、
  「りんごニコニコ25年、

  女房の不作は60年、

  亭主の不作はこれまた一生、
  あーこりゃこりゃ
」とか。

  
  微かな望みは、
  接ぎ木の場合は、庭植えでも
   56年で実がなるかも、です。

  今年の収穫はやっぱり無理か。
  乞うご期待を。



[PR]
by kuraji_sacchan | 2017-05-31 01:04 | 日誌 | Comments(0)

 
 東日本大震災と福島原発事故の被災者を傷つける

数々の暴言に被災者から怒りの声が上がり、今村前

復興相が辞任しましたが、後任の吉野正議員とは
どんな人物なのでしょうか。


「原発推進」「東電の責任免罪」発言の人

 福島県選出ですが、原発事故前の2010年には、

「原発をもっともっと推進しなければ」と主張し、

事故後も、「天災時の原子力の損害賠償は、国が

責任を見る規定になっている」などと、

東電の責任を免罪する発言をしてきた人物です。

 

今村前復興相の任命責任が問われている安倍首相

ですが、また凝りもせず、問題ある吉野衆院議員を

後任に充てるなど、被災者の気持ちを逆なでる人事
の無神経振りには呆れ返ります。

「復興相」は、重要なポストです。

自民党内には職責を理解する人がいないのか、

被災者に寄りそう気持ちを持ち合わせていないのか、

それとも、数のおごりからでしょうか。
 
 安倍首相の責任は重大です。


[PR]
by kuraji_sacchan | 2017-04-28 00:17 | 日誌 | Comments(0)

共産党の要求実る

 文部科学省は3月末に、「入学準備金」(就学援助)の増額とともに、
支給は小学校入学前も可能だとする通知を都道府県教育委員会に出しました。

 日本共産党国会議員団が“必要な時期に必要な額を”と文科省に改善を
求めてきたのを受けた内容です。

 
 通知では、、
「援助を必要としている時期に速やかな支給が行えるよう」交付要綱の
一部を改正し、これまで「児童又は生徒」としてきた入学準備金の交付対象に
「就学予定者」を追加しました


  これによって中学校への入学前のみならず、小学校入学前の時期に
支給できることになりました。

 
 就学援助の拡充を求める各地の運動におされ、入学前支給に
踏み切る自治体が全国に広がるなか、日本共産党の畑野君枝衆院議員は、
自治体の取り組みを示し「国としても前倒しの支給を決めよ」と求め、
文科省は、「中学生は可能、小学生は鋭意検討を行っている」と答弁。


 
 さらに畑野議員が「答弁内容を各自治体へ通知し、周知を」と求めると、
松野文科相は、「小学校に入学前の者についても国の補助対象にできるよう、
補助金の交付要綱の改正を検討している。

前向きに対応したい」と答弁し、文科省は通知を出すことを約束していました。



[PR]
by kuraji_sacchan | 2017-04-08 23:57 | 日誌 | Comments(0)




 遅くなりましたが、改めて、新年おめでとうございます。


引き続き、暮らし応援の市政実現に頑張ります。


今年もご支援をよろしくお願い致します。


 帰省していた孫2人が帰り、我が家に静けさと


ちょっぴり寂しい日常が戻りました。



4歳の孫はYouTube動画サイトで覚えた“ピコ太郎”


の歌と踊りを披露してくれました。


「シェア」するという文化がうまれ、さまざまな情報や


ニュースがSNSを通じ、色んな世代に、瞬く間に拡散
することに驚き、
不安も感じています。



インターネットについて、名古屋大学大学院のある教授


が赤旗新聞で語っておられた記事の一部分ですが。



私たちが情報に接する仕方が、新聞やテレビから


パソコンやスマホに変化。そして、伝わり方も、


友達やフォロワー関係など個人的に感覚が近い人の間で


ニュースが「シェア」される状況があるということです。


一緒に「いいね」などの感情を加えた状態でニュースが


共有されるため、客観的事実を二の次にする風潮が生まれ


やすい危うさがあるとか・・・。



 インターネット時代の向き合い方について、


「情報の出どころや掲載媒体、執筆者などを確認し、


それが信頼に足るものなのかを確かめる習慣を身に


つけなければなりません」と語っておられました。





[PR]
by kuraji_sacchan | 2017-01-15 16:19 | 日誌 | Comments(0)

改憲の恐ろしい足音


 先日、孫の運動会で愛媛県松山市に行ってきました。
びっくりしたのは、幼稚園の運動会で「国旗掲揚」と
「国家斉唱」があったことで、そして、小学1年生の上の
孫が口ずさんでいたことです。
歌詞は理解できていないようですが、
「恐るべし、愛媛の幼児教育」を見た気がします。

 さて、安倍首相は、参院選では「改憲」に一切触れず、
もっぱら、“アベノミクス“でやり過ごしましたが、
参院選が終わった途端、「だまし討ち的」に改憲を言い出
しています。

 ベースとなる自民党案は、過去の侵略戦争を反省した
現憲法の前文を削除するとともに、9条2項を廃止して、
「自衛権」の行使に制約をなくし、自衛隊を「国防軍」に変えて
世界中で武力行使できるようにするものです。

 また、基本的人権は「永久の権利」だとする97条は削除し、
国民の権利を「公益及び公の秩序」のもと、制限しようと
しています。
 
 憲法の主体を「国民」から「国」へと180度の転換、
「時の権力を縛り、国民を守る憲法」から、
「国民を縛り、権力を守る憲法」と、現憲法の実質崩壊。

 改憲を議論する危険な策動とのたたかいが、いよいよ重要。

戦争法が強行され1年が経過しましたが、毎月19日の夕方は、
イズミヤ前で「戦争法廃止」の署名活動を行っています。

*どなたでも大歓迎です。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2016-10-18 23:19 | 日誌 | Comments(0)
大阪社保協(大阪社会保障推進協議会)から
「夏休みの子どもたちへのお米や、海苔、レトルトカレーなどの寄付
のお願い」メールが届きました。

『もうすぐ夏休みになります。夏休みになると給食がなくなるので、
子どもたちの命綱がなくなります。
大阪社保協と協力関係にあるCPAO[Child Poverty Action Osaka
(しーぱお)大阪子どもの貧困アクショングループ・徳丸ゆき子代表]では現在、生野区巽北1丁目で、火曜・木曜・土曜の週3回食事提供をしていますが、CPAOに来れない子どもたちのために、特にお米や食品の寄付がよびかけられています。
 
 お米は腐りませんのでどれだけあっても助かります。
食品は、パスタや素麺、缶詰、海苔、カレーやシチュ、ミートソース
などレトルトのお惣菜など日持ちがして、子どもたち自身がすぐに食
べられるものがありがたいです。

 CPAOは現在、全国400世帯のシングルマザー世帯を支援している
そうです。
提供いただける方は、info@cpao0524.orgまでメールをお願いします。
 また、子どもたちの長期休みを支えるため、サポートしたいとお考え
方は、info@cpao0524.orgに連絡下さい。』との内容です。

 これまで市議会でも子ども貧困問題を取り上げてきましたが、
今や日本の子どもの6人に一人は貧困状態にあり、特にひとり親世帯
の2人に一人は貧困状態に置かれています。

 ご支援のご協力をお願いします。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2016-07-19 16:19 | 日誌 | Comments(0)


 熊本大分地震で被災されたみなさんに、
 心からお見舞いを申し上げます。


  4月14日以来の、連続の地震発生により熊本市をはじめ九州各地で被害が広がっています。
熊本県益城町で震度7を観測、少なくない死傷者をはじめ、家屋倒壊、道路寸断などの被害が出ています。
 多くの犠牲者には、未来ある若い者も含まれています。
また、一瞬にして家族を失った悲しみを慮ると、本当に残念でたまりません。
ご冥福をお祈り致します。

被災者の皆さんの健康が心配されます。
 日本共産党は、「地震災害対策本部」を立ち上げ、全国で救援・支援活動に取り組みはじめています。
 避難場所での精神的苦痛や、狭い車のなかで長時間過ごしたため健康を損なうこともあります。
地震で助かった命が避難中に損なわれることが決してないよう、早急対策を求めます。

 今後、断層帯が大きく動いたことがきっかけで阿蘇山が大噴火することにでもなれば、広い範囲に大きな被害を及ぼすことになります。
 とりわけ、全国で唯一稼働中の九州電力川内原発など、原発への影響が懸念されます。
地震と火山噴火への住民の不安に応えるため、原発への対応を根本から見直すべきです。
 私事ですが、娘夫婦が孫と愛媛に住んでいます。伊方原発がこの断層に繋がっているとのことで心配です。

 
 共産党熊本県委員会では、安否確認、避難所の確保、物資援助など、避難者・被災者救援の活動にあたっていますが、被災者救援・支援活動を被災者にゆきとどかせるために、全国のみなさんに「九州地方地震 被災者救援・支援募金」を心から訴えます。

 この募金は、日本共産党がお預かりし、被災地の自治体や関係機関への義援金として、またさまざまな被災者救援活動を通じて、確実に被災者の救援にあてていきます。

地震被災者救援・支援のための募金にご協力ください。
日本共産党大阪府委員会に郵便振替で送金される場合は、下記口座
【口座番号】00920-8- 97104
【加入者名】日本共産党大阪府委員会
  *通信欄に「九州地方地震募金」とお書き下さい。

[PR]
by kuraji_sacchan | 2016-04-17 13:45 | 日誌 | Comments(0)
c0152027_16111638.jpg












「母親大会」とは・・・
 世界母親大会は、第2次世界大戦の傷痕が癒えないうちにアメリカの水爆実験により日本漁船の第5福竜丸がビキニ近海で被爆したことをきっかけに、原水爆から子どもを守ろうと1955年にスイスで初めて開催されました。
 ギリシャ詩人からのメッセージ、『生命(いのち)を生み出す母親は、生命を育て、生命を守ることを望みます』をスローガンに運動しています。

 第1回大会は、聖戦と信じ込まされて夫や子ども、教え子を戦場に送った悔しさや悲しみで、涙の大会だったそうです。
 毎年、全国・地域で母親大会は開かれていますが、立場や違いを認め合いながら参加者全員が一致できる要求実現に取組んでいます。051.gif

 交野の大会では、弁護士の渡辺和恵さんから「主権者は私たち、いま女性が動くとき-日本国憲法を力に」と題する講演がありました。

「日本国憲法」と「自民党憲法草案」との違いは歴然013.gif
 現憲法は政権の暴走を許さず権力に歯止めをかける立憲主義の立場でつくられていますが、 
自民党案は主人公は国民ではなく、政権につく者が権力を使い易いように作り替え、国民にそれを守る義務を課しています。「国益に反する言動や行動について、個人の人権は認めない」などとも書かれています。
 戦争法や原発反対の国民の声やデモは、安倍政権にはきっと、鬱陶しく煩わしいでしょう。
一刻も早く憲法を改悪して何とかしたいと考えているでしょうが、民主主義を求める国民の声と共同の取り組みは日に日に大きく広がっています。
 命を蔑ろにする政権への怒り、平和への願いで参議院選挙で審判を下そうではありませんか。
 
 とりつかれたように戦争する国づくりにむけ憲法9条の廃止を企む安倍政権ですが、
女性の『生命を生み出し、育て、生命を守る』 この叫び・要求を阻むものは誰であり、絶対に許しません。

 みなさん今、「戦争法の廃止を求める2千万署名」が全国で取り組まれています。交野でも駅やスーパー前、お宅訪問などでもお願いしています。

“愛する人を戦争に送らせない、人殺しにさせない“、憲法9条の改悪許さない多くの方の行動参加を、署名のお願いとともに呼びかけます。
[#IMA
[PR]
by kuraji_sacchan | 2016-02-07 14:57 | 日誌 | Comments(0)

c0152027_1329811.jpg 
 先日、後援会の日帰りバス旅行で、「日野ダリア園」と「永源寺」(滋賀方面)に行ってきました。

 「日野ダリア園」は、還暦を迎えた人達が、
花の郷づくりの一端として、ボランティア(特定非営利活動法人)で、1万㎡の休耕田にダリアを咲かせています。

 種類は150以上で、1万本以上のダリアが
鮮やかに、堂々と咲き誇っていました。

 直径30cm以上の巨大な大輪もあり、
花の色は、白・赤・黄・桃・橙・うす紫色など
の単色であったり、混在していたりと豪華絢爛です。
c0152027_13321487.jpg
 
 花言葉は・・・栄華・優美・威厳・移り気 。


 昼食は、地域の名産「永源寺」こんにゃくを
使った刺身、田楽や煮物の美味しい料理を
頂きました。

 食後は、「永源寺」へ。

 
c0152027_14144993.jpg
永源寺は紅葉の名所で、秋が深まると、彩りもあでやかな紅葉が覆い、美しいカエデのトンネルをくぐりながらの散策が醍醐味とのことです。
 早い訪れだったので、紅葉を思い浮かべながら境内を散策しました。

 さて、市議選後、新しい議会が始まっています。
非民主的な役員選挙に呆れ怒っていたところですが、凛とした山の空気をいっぱい吸い込み、10月議会にむけ少しリフレッシュできました。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2015-10-14 14:18 | 日誌 | Comments(0)

 今日は市議会最初の公務として、
市役所初登庁式が行われました。
 議員は、再選9人と新人議員6人の15人です。

 うち、女性議員が7人という比率は、全国平均の
1割を大きく上回るものです。
 ちなみに、H25年度で女性比率が高かったのは
東京の清瀬市の45%ですが、今回の交野市議会の
比率は46.7%で、これを上回っています。
 
 生活が厳しくなる中で、生活に密着している(?)
女性にくらし・子育て応援の願いを託すものなのか・・・
 
 「命を産み、育む」立場にある女性として
平和や子育て、介護の問題などで党派を超えて
政策提案できればいいですね。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2015-10-01 23:47 | 日誌 | Comments(0)