“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


 社会保障を切捨てる一方、政党助成金という税金の無駄遣い
 自民や民主党の収入の大部分を占めているのが、国民(1人あたり約300円近くの税金が、議員比率によって配分)の税金から出ている政党助成金です。自民党は収入の65%が政党助成金であり、この間1962億円受け取っています。もちろん企業献金も受けとっているので企業の顔色を伺っての政治です。013.gif
民主党に至っては、なんと収入の83%は政党助成金。さらに、企業献金ももっともらえるように、財界向けの施策も自民党と競い合い中です。社民党は、297億円。公明党は297億円。
 日本共産党は、「税金として国民に強制的に、支持をしていない政党に献金をすることになる制度はおかしい、これは思想信条に反する」として、一円も受け取っていません。その分は、「赤旗新聞」を始めとする機関紙収入などや、党費や個人からの寄付でまかなっています。
 みなさん今、生活保護費や母子手当てが削られる、また、高齢者に保険料の負担増を押し付けるなど社会保障の切捨てがすすめられています。一方、共産党以外の政党は何の努力もせずに、国民の税金から当たり前のように、毎年分捕っているです。そして、使い道は議員おまかせで、衣服代や飲食費と何でもOKっと本当に腹が立つやら許せません。
 みなさん、政党助成金こそ、国民にとって無駄遣いの最たるものです。絶対に廃止しなければなりません。(残念ながらマスコミはこのことはあまり触れませんが。)
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-09-21 18:35 | 日誌 | Comments(0)

 税は自主納付が基本、天引きは生存権の侵害
 
 4月に自民・公明党によって、65歳以上の人の公的年金からの住民税天引きが決められました。理由について、高齢者の人がわざわざ税を収めに行かなくていいし、徴収率の効率化を図ることが出来るとしています。しかし、制度実施にあたって、電子システムの整備や毎年の委託料が必要です。初年度は、2千万円の交付税措置がありますが、以降は決まっておらず、自治体の新たな負担が予想されます。
交野の徴収率は、約99%で未徴収は2%足らず、そのうち65歳以上の多くの人は収めています。税金をつぎ込む必要があるのかどうか。
 住民税の年金天引きは、消費税と同様、”取りやすい所から取る”手法です。
介護保険に始まり、国民の怒りが爆発している後期高齢者医療保険料、そして、交野では10月から国民健康保険料の年金天引きも実施されます。消えた年金問題が未だに解決されないのに、本人の意向をふまえないやり方は許せません。税は、自主納付が基本、年金天引きは憲法25条の生存権を脅かすものです。022.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-09-21 17:14 | 議会報告 | Comments(0)
自公政治の行き詰まり! 
 突然の辞任に、何と無責任なと思われた人は多いかと思います。2人続いての政権投げ出しで、いかに、自公政権が行き詰まっているかをあらわしているのではないでしょうか。
 小泉元首相が進めてきた「構造改革」は、雇用・社会保障・農業・環境など、どの問題をとっても、国民生活をゆがめ壊してきました。雇用の問題では、非正規化が進み、若者の派遣労働が増え、、貧困と格差をいっそう広げています。さらに、一部のお金持ちによる投機マネーによって、石油や食料が高騰し、私たちの毎日の生活は本当に深刻です。
 もう一つの行き詰まりは、平和憲法を踏みにじり、イラクやアフガニスタンへの自衛隊を派兵に固執していることです。世論調査では、憲法9条を変える必要はないと半数以上の人が答えています。戦争につながる恐れがある武力行使に、多くの人が不安をもっています。武力によって、テロの問題は解決しません。
さて、マスコミは、自民の総裁選挙が終われば、即解散・総選挙と報道しています。033.gif
 そんなことになったら自民党の思うつぼです。新しい首相に変わって、国民の期待や人気のあるうちに選挙をしたいのでしょう。が、まず、山積みしている問題を国民の前で徹底的に議論を行い、争点を明らかにしてから、国民の審判を仰ぐべきだと思います。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-09-10 16:03 | 日誌 | Comments(0)

高すぎる国保料と保険証の取り上げで、「命に格差」

 親が保険料を払えないため、国民健康保証を取り上げられた無保険状態のこどもが増えている。大阪社会保障推進協議会の調査では、全国で1800人以上に。
交野市では、中学生1人を含む1世帯に国保証に換わる資格証明証(*)が発行されている。013.gif
 そもそも、国保加入者の平均所得は健保加入者の半分以下である。だが、所得に占める保険料率を比べると、国保は11,6%、政管健保7,4%、組合健保は5,1%であり、国保世帯は収入が低いにも係らず、最も高い保険料率がかけられている。
だからこそ、国や自治体の十分な財政支援は必要である。今や「命の格差」を生み出す制度となりつつあるが、日本共産党は、払いたくても払えない人からの、非情な国保取り上げには反対である。021.gif

*資格証明証とは、保険証を取り上げた引き換えに発行されているが、保険は利かず、病院窓口で全額(10割)を払わなければならない。お金のない人は、病院に行けないなど問題である。 
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-09-08 17:14 | 日誌 | Comments(0)

あまだのみや幼稚園がH23年には廃園の危機?! 
 8月最後の日曜日、「あまだのみや幼稚園の廃園に反対する」集会が開かれた。
交野市には3園の公立幼稚園はあるが、交野市は、今後、こどもが減るという理由(人口推計の根拠は明らかでない、将来少子化傾向とは言えない)で1園の廃園を提案している。市民不在の財政健全化計画では、当面1園をなくし、将来は残る2園も民間委託を考えている。まさに公教育の「まる投げ」である。
 
 こどもたちの殆んどは、保育所または幼稚園のどちらかに通っている。公立か私立かの選択は出来そうだが、現実社会は格差が広がり、親の経済力でこどもの教育環境も決まってきている。その点、費用が安くすむ身近な公立幼稚園は心強い。なんと言っても、私立と比べると経済的負担が少ない。入園料・保育料・制服代・アルバム代・教材費・バス代などなど、負担面では大きく違う。
 一方、民間園は創立者の理念のもとで特色を持って運営され少々費用はかかる、だが、教育方針に賛同し入園を選ぶ親も多くいる。しかし、幼稚園側から親も選択されることにもなる。
 今求められているのは、誰もが地域の公立幼稚園に安心して通えることを自治体が保障すべきであり、3園の公立幼稚園は減らすべきではない。
 
 集会には、たくさんの若い保育士さん。「廃園にどうしたらいいかわからなかったが、公立の役割をいそう認識した、守りたい」などの感想。こどもたちの発達を保障するために、いい保育がしたいと願っている多くの純粋な保育士さんに出会えて本当によかった。045.gif
 元保育士として、一緒に公立幼稚園を守っていきたい。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2008-09-04 00:41 | 日誌 | Comments(0)