“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


市町村のワクチン助成額の半分を国が補助

 10月議会で交野市に3ワクチン接種への助成を求めたところですが、
11月16日に、H22年度補正予算が衆院を通過し、国の3ワクチンへの助成が決まりました。
 概要は、市町村のワクチン接種助成事業に対し、国が助成額の2分の1を負担するというものです。今のところ23年度末までの限定となっています。

 また、今回の国補正予算には、妊婦健診・生活困窮者対策・子育て安心こども基金・雇用創造事業など、22項目に及ぶ事業に対する助成が盛り込まれています。029.gif
 暮らしや雇用に関わる事業については、交野市でも活用するように12月議会で求めていきたと思います。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-30 22:33 | 日誌 | Comments(0)

紅葉でリフレッシュ

c0152027_2121499.jpg
 23日、湖南三山と称される「長寿寺」「常楽寺」「善水寺」に地域後援会で行ってきました。
 「長寿寺」は紅葉真っ盛り。
陽射しをうけた赤・橙・黄色のもみじが見事です。
美味しい山栗とゆずを購入。

 

 「常楽寺」では出店の漬物を一通り試食、どれも美味しくてお土産買ってしまいました。
c0152027_21212813.jpg
 






 

 
 湖南十二坊「魔崖仏」ですが、分かりますか・・・
「魔崖仏」とは、崖にある石や岩に仏像を彫ったもの。
こんな崖に良く掘れたものです。


 国宝の仏像も見られ、歴史の深さと紅葉を堪能しました。
 
 もうすぐ始まる12月議会に向け、リフレッシュ出来ました。003.gif

 
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-23 21:09 | 北部後援会行事 | Comments(0)

 後期高齢者医療制度の見直しが議論されていますが、その中で浮上しているのが「国保」の広域化です。
国は、75歳以上は「国保」の第1階、74歳以下の若年は「国保」の第2段階と分け、都道府県単位の「国保」統一化を考えています。
 いち早く、大阪府知事は、府が保険者となる国保料を統一する広域化を表明しています。(反対29都道県、賛成4府県)
 国保加入者は、高齢者・病人・無職者・ワーキングプアーなど低所得層であるため、国は、国保会計への支援を実施してきました。しかし、支援額を4分の1に削減した事で、高い国保料となって払えない人(未収)を増やし、多くの自治体の国保会計で赤字を累積させる結果となりました。(国保世帯の年間所得は約131万円と組合健保加入者と比べ3分の1)

国民健康保険の広域化は、市民にメリットなし!
”市町村からの繰入がなくなり、世帯で2万円の値上げに”013.gif    
 市町村は、国保会計に税金を繰り入れています。そうでないと、保険料
 がものすごく高くなるからです。
●”市町村の保険料軽減(災害・失業・低所得)制度もなくなる033.gif
 市町村では、住民の困難な生活状況を目の前にし、独自の保険料の  
 軽減制度があります。しかし、すでに広域化されている後期高齢者医療
 制度にはこのような減免は全くありません。

*市町村が今やるべき事は、住民の健康と命を守るために、府や国に
 大幅な財政支援を求めて、高い国保料の解消に務めるべきです。
 加入者に保険料値上げを押し付ける広域化には反対です。

交野社会保障推進協議会総会国保の「広域化」について学習します。興味関心のある方どなたでも参加してください。
11月27日(PM2時)、青年の家学びの館1.2
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-19 20:13 | 日誌 | Comments(0)
c0152027_23225196.jpg

 食から、参加・体験、展示まで、催しがいっぱい! 楽しめました。
関係者のみなさん本当に御苦労さまでした!040.gif
 
 ロビーでは、いきいき笑顔の高齢者団体の手話つき歌声。
 お父さんお母さんと、おもちゃ造りを楽しむこどもたち。
 点字体験コーナーでは、母音ごとに共通していることを発見。
 給食試食会美味しかった、けど、日頃こども達が食べている味付けでい
 いのでは。
 摸擬店の、イカ焼き・豚まん・焼き芋・山芋コロッケなどなど満腹満足。
 
 でも、今年は参加者が少ないと感じたのは私だけでしょうか・・・
去年まではゆうゆうバスがあったので、特に高齢の人や障がいのある人も参加しやすかったのに!
市は9月から、ゆうゆうバスの日曜日・祝日運休(障がい者・高齢者の多く継続希望)を決めましたが、せめて、このような市の行事には、臨時にゆうゆうバスを運行すべきではないのでしょうか。
京阪バスを何十台も用意した老人福祉大会と、どう違うのでしょうか。013.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-14 23:38 | 日誌 | Comments(0)

交野ファミリーサポートセンターの実情
 
 ファミリーサポートセンターとは「子育を援助してほしい(依頼会員)」と「子育てを援助したい(提供会員)、または「両方出来る(両方会員)」が援助しあう活動システムである。そのファミリーサポートセンターを、”NPO法人キッズサポートかたの”が委託を受け運営。(府下の多くは市が実施)
直接的な援助の他に、会員への子育ての講習やアドバイス、また、虐待や成長発達面の情報について健康福祉課と連携している。
市は委託しておきながら、わずかな委託料のうえに年間34万円部屋代徴収。事務が増え時間外拘束も多い現状で、まともな報酬も払われていない。何でもかんでも委託して事業を減らせば良いというものではない、市は予算を増額すべきである。
 
 依頼が一番多いのは、放課後児童会閉会後の預かりだとか。交野市放課後児童会の閉会は6時半と早い、せめて30分延長されれば親の負担は減るのではないだろうか。
母子・父子家庭からの依頼も増えているが、経済的な理由で途切れる事もあるとか、こどもが放置されていないか心配である。
また、ファミサポは保育所に入れないこどもの受け皿にもなっている。
 市は、子育て世代の負担軽減として、利用料の援助も検討すべきである。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-11 01:09 | 日誌 | Comments(0)

「大阪維新の会」の正体


暮らしより開発優先の橋下府政
 橋下知事を代表とする「大阪維新の会」所属議員は29人。うち8割は自民党からの鞍替え議員。一致点は、議会を支配したい思惑の橋下知事と橋下人気にあやかって当選したい議員との両者の利害です。
橋下府政は、「将来につけをまわさない」と弱者への支援策や福祉サービスを削減する一方、その削ったお金で大企業誘致の大型開発に勤しんでいます。
 その結果、大阪は・・・失業者・企業倒産数とも全国最悪、子どもの虐待数も全国で2番目、不健康で住みにくい街に。
今後、障がい者への助成削減や府営住宅の半減、中小業者の支援うち切りを計画。ちよっと支持が高いからと暴言が続く橋下府政!
 府民の願う施策と、一段と矛盾が広がっています。

 今日、「維新の会」から府議会立候補予定で交野出身の30歳の男性が挨拶に。前面橋下知事派ではないとの事ですが、「経済特区をつくって企業誘致を進めたい」との考えは、大企業がくれば景気・暮らしが良くなるという発想。やっぱり同じ039.gif・・・
 
*橋下知事が掲げる「大阪都構想」とは、大阪府と大阪市を一つにして、「経済特区」を設けるなど、大企業のための空港や港湾・交通網の整備、さらに減税対策で企業に優しい環境を進める事です。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-08 14:26 | 日誌 | Comments(0)
c0152027_2112688.jpg
 11月4日で1歳067.gifの孫です。
愛媛の松山に住んでいますが、徳島のお姑さんが持ってきた餅を背負っている姿です。少しぐずっていたそうですが、本人が映っている携帯の動画を見せると、いつものようにご機嫌でした。

一升餅とは
一升と一生を掛けて、「一生丸く長生き出来るように」と願いを込めて、子供の一歳の誕生日を祝う。また、一生食べ物に困らないように等の意味も込められている。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-03 23:20 | 日誌 | Comments(0)

就学援助費の支給月の改善について
 交野市の1回目の支給月は8月です。学用品の購入でお金が必要な新学期に支給して欲しいと要望が出ています。
市は、所得が確定しないと認定・非認定の審議できないため遅くなると言っていますが、例えば、保育料は、前年度の見込みで決定し4月の保育料を確定します。
 又、本市には、就学援助の認定・非認定によって利用料が異なる放課後児童会々費があります。この場合は、認定されるまで仮で決定されています。
就学援助費に含まれる医療費の支援についても、前年度に認定されておれば、4月に仮の医療券を発行しています。

 さらに、保護者の負担軽減を考え、申請から認定まで就学援助費を立替え仮に支給している自治体があります。
 *東京板橋区「仮認定制度」は、年度末までに就学援助調査を行い、継
  続希望の場合は給食費や修学旅行費は徴収していません。
  総社市では、所得確定前に就学援助費を支給する必要がある時は、
  前々年度所得で仮認定しています。
 
 就学援助制度は、経済的に困難な家庭の児童が受ける制度です。
交野市は、認定まで何らかの支援を検討すべきです。021.gif
支給開始の改善について
○年度途中の受付けでも、認定要件を満たしておれば4月にさかのぼって
 支給する事。
○給食費未納世帯への就学援助金の申請援助は、文科省通知に基づ
 き、学校給食費の未納が明らかになった際、生活保護による教育扶
 助や就学援助制度の活用を保護者に推奨する事。

[PR]
by kuraji_sacchan | 2010-11-02 23:10 | 議会報告 | Comments(0)