“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


郡津駅の地下道(市道)の改善について
 郡津駅バリアフリー化で、地上から乗車できるようになり喜ばれています。
その結果、幾野や郡津地域の住民のみなさんが枚方方面の電車に乗る場合は、地下道を通って地上改札を利用して枚方行きに乗車する流れになってきています。
 しかし、この地下道は老朽化が進みコンクリート階段はあちこち崩れ、側溝がないためにまとまった雨が降れば水がたまっています。
以前から、地下道の改善を求める声はあり、すぐに照明は明るくしてもらいました。
 郡津駅の自転車駐輪場管理の方は、「地下道は雨が降るとヌルヌルしている、事故が起こらないか心配」と話しておられます。025.gif

6月議会では、
地下道の安全な改善を求めると同時に、自転車も通行できるスロープ状にするとか、地下道入り口方面の表示を要望しました。

 また、郡津小学校通学路となっている郡津・倉治線の歩道設置と道路整備を求めました。通学路にも関わらず、歩道がなく、車がすれ違うのがやっとの狭い危険な箇所です。
車が以前より増えた上、住宅開発地域あるためで通学する児童も増えています。
市の道路維持・改修予算が大幅に削られてから、このような危険な道路は放置されたままです。
 子どもたちの安全守る予算を確保し、歩道設置や道路整備を要望しました。048.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-07-26 23:09 | 議会報告 | Comments(0)
 
あと数日、24日から東日本大震災の被災地を除き、アナログテレビが停波となります。

世界は段階的なのに・・・
 日本以外の国では、地域の実情に応じた緩やかな地デジ化への移行がすすめられています。イギリスでは、高齢者や障がい者などの弱者をどう支援するかを調査し話し合い問題を解決しながら時間をかけて移行していっています。
しかし、日本では国民の合意は一切なし。
最初からアナログ放送の打ち切りタイムリミットを設定し、法律で縛ってデジタル化を強行するという、「お上的な強いもの論理」で決められてしまっています。
 
国や自治体の援助が行き届かない中で、 特に一人暮らしの高齢者の方から「テレビが見られなくなる」との不安な声がずっと上がっています。025.gif

 ある自治体の広報車が、「地デジはお済みですか」「地デジ見てますか」と、毎日巡回を続けると、「チューナーは買ったが、実は取り付け方が…」「家のテレビが大丈夫か見てほしい」といった飛び込みの依頼が舞い込んでいるそうです。
交野市ではそこまで丁寧に対応できていないので、そんな声も拾われていませんが・・・
 
 NHKによれば、5月末時点の全国の地デジ化率は、東日本大震災の影響でアナログ停波が延期される岩手、宮城、福島3県を除くと99%(この調査も正確とは言えませんが)程度に達したと、未対応は約45万世帯とみられています・・・しかし、最悪なのは、未対応でありながら疑問や不安すら感じていない“サイレント層”と呼ばれる人々の存在ではないでしょうか。

交野の状況は、
収入も多くない息子さんが無理をして親にテレビを買ってあげたり。
知り合いに頼んでやっと、チュウナーをつけてもらった人。
一方、チュウナーの無料配布を申し込みたいが、NHKの受信料を払うのが前提なのでと躊躇する人も。
交野市は、国の制度だからと片付けず、「テレビ難民」をうまないための財政支援を含めた援助を惜しまずにすべきだと思います。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-07-20 00:42 | 日誌 | Comments(0)

 交野市内で出産できる病院は1箇所しかなく、子育て世代からは「産科」増設を求める声が上がっています。一日も早い、市内で出産できる「産科」施設の増設が求められます。

本市の近年の出生状況は。
H19年は684人、20年は650人、21年は615人で減り続け、そのうち市内出産は1割程度と考えられます。ちなみに、市内で出産できる医療機関は1箇所で5床、助産院1院で2床です。

 市は、交野市保健医療問題推進委員会(医師会も参加)で、『「産科」医療の整備が課題である』との報告をうけています。
その結果、交野病院との話し合いで、松塚の下水処理場跡地に老人保健施設「逢々館かたの」を移転し、「逢々館」跡地に「産科」施設の開設がすすめられる事になっています。
 そんな経過がもあり、下水処理場跡地は入札ではなく、交野病院に随意契約で売却される方向です。
施設増設を伴う病院の概略計画は近々示される予定です。
 
 近くで分娩できる施設を若い世代は望んでいます。一日も早い、交野市内での「産科」施設の開設を求めます。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-07-14 16:58 | 議会報告 | Comments(0)