“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧



 生活保護の相談に、「持ち家は受けられない」の一言 
 22日夜自宅の留守電に「一週間何も食べていません。助けてください」と、か細い声でTという名前と電話番号が吹込まれていました。
夜の7時半過ぎにあわてて、お弁当など食べ物を持って訪問すると涙ぐみながら感謝されました。
話を聞くと、7月には交野市に生活保護の申請に行かれたそうですが、その時は”持ち家だから生活保護は受けられない”と断わられたという事でした。
その後、食物もそこを付き、電気・水道・国保料なども滞納。
幸いに電気と水道は止められなかったので、お水をお白湯にして飲んで1週間を過ごしていたそうです。
22日昼、何も食べていないことを福祉に訴えても家の話を持ち出されたTさん姉妹。
どうしようもなくビラに書いてあった私の自宅に電話されたのです。

 23(金)・24(土)・25(日)と市役所は休みです。
この間、毎日食べ物を持って姉妹を見守ってきました。
以前ある市で、生活保護を断られて餓死された痛ましい事件がありましたが、Tさんから電話があって大事に至らず本当に良かったです。

 26(月)日朝、一緒に生活保護の申請に行きました。経過を話すと生活保護係は、「持ち家だという事で申請を断ることは最近はない」というのです。
この言葉に一番驚かれたのはTさんです。反論されましたが、言った言わないということになりました。それで、相談記録を見せて欲しいと要求をすると、個人情報なので開示できないと断られました。(開示請求を考えています)
 
 681円の残金なのに、保護が認められるまで2週間 
 申請したものの、決定が出るまで2週間以上かかると言われました。
Tさんの残金は681円しかないので、どんな支援が出来るのかを聞くと、認定されるまで「府社協の社会貢献事業」から、現金ではなく米や缶詰などの現物支給が可能(その前に支援員との面談)だという説明がありました。

 でも、今日食べる物がないのです。
私は「今日から食べるものを支給して欲しい」「交野市として支援するべき」と要求しましたが、「(そこまで)生活保護法の法律で決められていない」「今後は検討の必要はあるが、残金で今日は過ごして欲しい」の言葉で終わりでした。
 3階にある交野社協にも相談しましたが、生活保護係りと同じ答えでした。
目の前に、今日食べる物がなくて支援を求めている人がいるのに、どうして事務的な対応しかできないのか、なぜ救おうと力を尽くさないのか、
交野市の生活保護行政に失望し、怒りはいまだ抑えられません。
絶対に改善を要求します。

 相談を終えると午後1時をまわっており、Tさん姉妹とお昼を食べました。
「こんな温かい物は久しぶりです」と、残さずうどんのお汁まで飲みほされました。
その後スーパーに寄って、弁当とお茶・お菓子とパンを持って帰ってもらいました。

*27日AM9時、Tさん宅に生活保護の職員と社会貢献支援員が訪問して、現物支給の内容が決まる予定です。
私も立ち会うつもりです。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-09-27 01:35 | 日誌 | Comments(0)

 
 9月11日の交野の市会議員選挙で、5期目の当選を果たすことが出来ました。
この議席は、日本共産党市会議員団の実績・公約に対し評価を頂いたものと考えていますが、一層、生活応援の役割を痛感しています。
 引き続き、「市民の暮らし応援」「交野の環境守る」ために力を尽くす決意です。

 要望が多い中の一つに、「ゆうゆうバスの3台運行」があります。
 3台から2台に減らされて1年近く経過、不便を感じる人の声は市内のあちこちから。022.gif
「ゆうゆうセンターや市役所に行くのをやめるようになった」
「乗れなかったら困るので乗らないようにしている」
「65歳になったが、悪い気がして乗らないようにしている」
「健康のために行っていたプールが遠回りになって行けなくなった」など、
そんな方に、
・ゆうゆうバスを元の3台に戻すのに必要な予算はわずか900万円である事
そして、
・「交野市の積立金は33億円もあり、市の仕事はお金をためる事ではなく、ゆうゆうバス3台復活 にこそお金を使うべき」と訴えると、皆さんに納得してもらえます。045.gif

 また、高い国民健康保険料の引き下げも切実です。これについても、「黒字の一般会計から、2億円程度を国保会計に繰り入れすれば値上げしなくて済む」事を訴え、多くの人に納得してもらえています。

 また皆さん、選挙で耳ざわりのいい事を言っている新しい議員も、議会では、自民・民主・公明などの会派に所属することになります。これらの会派は、これまで市と一緒になって、何でも賛成で「負担増と市民サービス切り下げ」を推し進めてきた勢力です。

 みなさん、交野で日本共産党の議席を得て52年間。
日本共産党の立党精神、「市民の苦難軽減に力を尽くす」この立場で頑張ります。
これからも4年間応援して下さい。よろしくお願い致します。043.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-09-15 01:31 | 日誌 | Comments(0)

市議選5期目挑戦の決意

「ひとり一人の市民が大切にされる交野の町に

 4期16年間、市民の皆さん一人ひとりが安心してくらせる交野のまちの実現、共産党議員として、「不自由な思いや、困難を強いられている人がいれば何とか、応援したい」そんな思いで働いて参りました。
しかし、この4年間の交野市政は、「健康福祉都市宣言」の看板をかなぐり捨て、負担押しつけや、サービス切捨てをひたすら進めてきました。

国保料の上げで低所得者に負担増、一方、交野市の積立金は33億円にも

 ある年金生活の人はこの暑さの中、電気代節約でエアコンをつけずに我慢をしておられます。日中は、なるべく図書館やスーパーに出かけて暑さをしのぐそうです。そこまで節約をし、やりくりをしておられます。
ところが市は容赦なく、さらに負担を増やす、国民健康保険料の値上げを7月から実施しました。
値上げは年間平均で、一人あたり8、628円にもなっていますが、今回の値上げは、減免対象となっている所得が少ない世帯も含む値上げです。わずかな年金なのに高い保険料を払わなければなりません。
 例えば、所得300万円で4人家族の場合では、年間44万5千6百円の保険料です。
所得の15%近くを保険料として取られる、高い額となっており、国保料の負担割合は、会社員などの社会保険料の1.5~6倍の負担にもなっています。そもそも、国民健康保険の加入世帯というのは、年金者・非正規雇用・無職者・零細業者など、あまり所得が多いとはいえない世帯です。そんな世帯から、高い保険料を搾り取ると言うこと事態、社会保障制度の役割を果たしていません。国や自治体の財政支援は絶対に必要な社会保障制度でもあります。

 国保会計に2億円程度の財政支援を行えば、保険料を引き下げることが十分に出来ます。
また皆さん、今回の保険料値上げについて、充分な審議が行われたとはて言えません。というのも、委員会では、値上げでの資料請求をするのも私だけで、私以外の議員はほとんど発言を致しません。採決になると、なぜ賛成するのか理由も言わずに、共産党以外の議員は値上げに賛成です。これでは、市民の代表として情けない話しですが、市政をチェックする役割を果たしているとは言えません。

 介護保険料減免拡大、特別養護老人ホームなどの待機者解消
介護保険料も生活を脅かす高い金額です。3年後に介護保険料の改定が行われますので、来年に改定されます。交野市の基本保険料額は4625円で、収入が無い人も2300円の保険料です。
来年は5千円以上になると言われていますが、交野市では、集めたお金で1億3千万円が使われずに積み立てられています。改定時には、全額使って保険料の引き下げを求めて生きたいと思います。また、保険料減免制度はありますが、収入が年間96万以下と府下でも最低の基準額です。せめてお隣の枚方市並に150万円まで引き上げるべきです。
介護保料の引き下げと減免額の拡充を、そして特別養護老人ホームなどの増設など、是非実現させたいと思います。

若い世代が、安心して交野で子育てできる支援策の充実を要求
一つは、子どもの医療費助成を小学校卒業までに引き上げます。寝屋川市では9月から小学校卒業まで。堺市では中学校卒業までとなっています。
二つ目は妊婦健診助成の増額です。子どもが生まれるまでの健診費用は、約10万円程度必要です。しかし、経済的理由で健診費用が無いため、出産間際の飛びみ出産も増えています。母子とも、安全な出産にむけ、妊婦健診の助成増額を求めていきます。
また、子どもの命を守る、ワクチン接種の無料化にも引き続き取り組んでいきます。
 
16年間の議員活動の原点は、日本共産党員としての生き方
私と日本共産党との出会いは、大阪市の同和保育所で働いていた時です。最初に配属されたのが部落開放同盟が牛耳る同和保育所でした。大阪市立の保育所なのに入所窓口は部落解放同盟です。
人事や保育内容にまでいろいろ口を挟んできましたが、子どもの健やかな成長・発達を阻むもの、理不尽なものに対しては、解放同盟であろうが何であろうが絶対に譲らないと頑張ってきました。その頑張りの中心にいたのが共産党員の保育士であり、そんな姿に信頼を寄せ私も共産党に入りました。
そして日本共産党の議員になって、「不自由な思いや、困難を強いられている人がいたら何とかしたい、応援して役に立ちたい」そんな思いで働いてきました。


この16年間にいろんな生活相談を受けました。交野市内からはもちろん、市外・府外から本人以外からも相談を受けてきました。郡津何丁目の○○さんが自殺しそうだからすぐに見に行って欲しい。知り合いが保険料払えず困っている。貯金も底をついてわずかな年金でこれから生活できない。DVで門真から親子2人で逃げてきたが、寝る場所も食べるものも無いなどの相談もありました。
一人ひとりの相談者の苦難を受け止め共感しながらも、自立した生活が送れるよう、物心両面で応援してきました。
生活保護の相談では、いつも相談者と一緒に申請に行っています。震える手で申請書を書きながらも、ほっとされる様子が伝わってきます。

6月議会の質問では、
 災害時に自力で逃げることが出来ない、特に高齢者の人、障がい者の人をどう支援するのか個別計画の策定を求めました。東日本大震災で明らかになりましたように、弱い立場の人ほど大きな災害時の被害者でもあります。日頃から医療・福祉など命と暮らしを守る強いネットワークこそ必要です。
また、交野では出産できる病院は、1箇所しかありません。一日も早い産科施設の増設を求めました。
さらに、郡津駅がバリアフリー化されまして、郡津駅の地下道を利用される人が増えています。安全な地下道への改善などを要求しています。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2011-09-03 23:55 | 日誌 | Comments(0)