“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


 今日から、交野市の定例3月議会です。
即決議案である、「個人住民税の均等割りの増額」含む、市条例の改定に反対しました。

 要旨は、
昨年11月、民主党政権は、恒久措置とする法人実効税の率5%引き下げを成立。
同時に、復興財源のためとする3年間だけ法人税を増税。
(実際は、法人税は20兆円の減額)。

 今回の条例改定には、復興財源を名目にした個人住民税均等割りの増額が含まれている。交野市や全国自治体が行う「緊急防災・減災事業」の財源として、個人住民税の均等割り標準税率に、納税者一人当たり千円の増額を押し付けるもの。
応能負担が税制の基本、低所得者にも負担を強いる市民税均等割りの増額には反対。
増額期間は平成26年から35年までの10年間、恒久的な増税措置にもなりかねない。
  また、今回の市民税均等割の増額は、被災自治体の住民にも及ぶもの、被災者支援に反するもの。
 
 復興を名目にした庶民増税の押し付けに日本共産党は反対。
財源は、法人税減税の見直しや証券優遇税制などの大企業優遇措置の廃止、米軍への思いやり予算や政党助成金の廃止などで確保すべきである。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-02-29 17:35 | 議会報告 | Comments(0)

一家の餓死事件

家族一家が餓死する事件が続いています

 埼玉では家族3人が、札幌では姉妹が困窮死。(立川市の母親病死で子ども餓死)。
札幌の事件では、姉妹は食べる物がないと市に再三訴えたにも関わらず、生活保護課では、一日に1缶非常用食パンを渡していただけでした。
 共通していたのは、ライフラインである電気・ガス・水道が止められていたということです。多分、国保料や税なども納められてなかったと思います。

  長期の滞納が続けば、市民生活に何らかの異変が起きていることを、水道事業者や電気・ガス会社は想定すべきではないでしょうか。

 痛ましい事件の教訓として、
ライフラインの異変など利用者に何らの変化があった場合には、とりあえず、福祉事務所に情報を提供する連携体制が求められます。

 まず市役所は率先して、公共料金や保険料など長期滞納となっている場合には、担当課から福祉事務所に情報を提供すべきです。
 そして、生活再建のための支援や命を守るための横の連携を強化すべきだと考えます。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-02-27 22:46 | 日誌 | Comments(0)

給食センターの新設


給食センターが新しく立て替えられます
 現在ある、第1・2と第3の2施設の小中学校の給食センターは、開設から34年~44年以上が経過しています。施設整備の老朽化が著しくすすんでいる事から早期の対応が求められていました。
 今回、府の補助制度を活用し「交野市学校給食センター整備事業計画」に基づいて、新しい給食センターが建設されることが決まりました。
 なお、今後は1施設で運営される予定です。

◇場所は、倉治9丁目付近(土地開発公社所有地を一部活用)。
◇食数規模は、7,000食(当初計画では9,000食、将来の児童生徒数を減と見込んで変
 更)。
◇スケジュール(案)、H23・24年に用地の選定取得。建設開始はH26・27年で、供用開
 始 はH28年度からの予定。

「こどもの入院医療費助成」、小学校卒業まで拡充されます
 
 やっと交野市でも平成24年4月1日から、子どもの入院医療費に対する助成が小学校卒業まで引き上げられます。
 議会で取り上げ、皆さんと一緒に要望してきたことが前進します。
引き続き、通院への助成年齢の拡充を求めていきたいと思います。
 なお、これまで通り1日500円の負担はあります。

[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-02-20 14:41 | 議会報告 | Comments(0)