“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


 H24年度予算委員会で、原発推進教育の見直しについて質問。
教育委員会は、「副読本の使用は各学校の判断である」こととし、教育委員会の見解はとの質問には、「学習要領に則ってすすめていきます」
と極めてと事務的な返事でした。

この事で、宮本たけし衆議員が国会で質問(赤旗新聞記事から紹介)

副読本>こりない文科省/原発事故後も “放射線は安全”
 福島第1原発事故への反省もないまま、文部科学省は新たな教材を作りました。
「放射線はもともと身近にあるものだから安全だ」-。
そんな誤った認識を児童・生徒に与えかねない内容です。
 一方、原発の負の側面を教える記述へと改める教科書会社も出ています。    
 
 問題の教材は文科省発行の「放射線等に関する副読本」。
小中高校それぞれに対応した生徒用の教材と教師用の「解説編」が作られています。
文科省はこれまで原子力発電の「安全神話」をふりまく副読本を小中学校で使わせていました。 
 
 しかし昨年4月、日本共産党の宮本岳志衆院議員に指摘され、高木義明文科相(当時)が「見直し」を約束していました。
 
 ところが、昨年10月に発行された新しい副読本作成の委託先は、前回の副読本を普及していた日本原子力文化振興財団。
同財団は、原子力業界団体が1969年につくった広報団体で、理事長は日本経団連の資源・エネルギー対策委員会の元委員長、秋元勇巳氏。副理事長は中部電力顧問の伊藤隆彦氏、理事には東京電力社長の西沢俊夫氏(いずれも2011年10月5日現在)が名を連ねるなど、電力業界と深くつながっています。

 新しい副読本の委託先について問われた中川正春文科相(当時)は「委託先は適当ではなかった」(11年12月9日)と釈明したものの、使用を継続する考えを示しています。
 一方、原発事故後、多くの教科書会社が今年4月から使われる小中高校の教科書記述について、訂正申請を文科省に提出。「『安全神話』は覆された」などと加筆される教科書もあります。(表)
 このように、原発の危険性を伝えようとする流れが生まれている中で、新たな副読本は「放射線は身近にあるもの」と繰り返し、内部被ばくなどの危険性を過小評価する異質な内容です。
 
例えば、小学生版-
 「放射線は、宇宙や地面、空気、そして食べ物からも出ています」「光と同じように、放射線も身の回りにあります」と記載。教師用解説編では、食べ物に含まれるカリウムには放射性物質であるカリウム40が含まれ、「カリウムは、人間の体にも必要不可欠なもの」だと補足しています。
 
 中学生版では「ココがポイント」の項目で「人類は、放射線が存在する中で生まれ、進化してきました。私たちは日常生活でも放射線を受けています」と説きます。
 
 高校生版のコラムでは「リスク(危険)を完全に無くしてベネフィット(便益)だけを得ることは不可能です」とした上で、医療分野での放射線の危険と便益の関係性を引き合いに出しています。
 
 「教材は原発事故の反省がまるで感じられない」と批判する野口邦和・福島大学客員教授。「人体が受ける放射線はできるだけ低くするのが、人体を守る原則です。自然界の放射線は避けられないし、健康を守るために医療で使用する最低限の被ばくもやむを得ないことです。
 しかし、これと原発事故による放射線は全く違い、不要で有害な放射線は低くするのが鉄則です」と指摘します。

  各地で批判  
 新しい副読本をもとに横浜市がリーフレット、福島県が指導資料を作成。佐賀や栃木など各県で教師の研修会を実施しています。これに対し、各地で保護者や教職員が教育委員会に申し入れを行うなど、副読本を授業で使わないよう求める取り組みが始まっています。
 
 副読本について「先も見えず不安な中で生活している私たちには、あり得ない話」だと怒りをあらわにする福島県二本松市の山田美子さん(32)。3人の子がいます。
「『放射線は身近にあるものだから安全』だといわれたら、『危険だから』と友達が福島を離れている現実との差に子どもは混乱すると思います。放射線のリスクをきちんと伝え、事故を風化させないものを作ってほしい」033.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-03-19 00:15 | 日誌 | Comments(0)

 今日は中学校の卒業式でした。
 開会宣言のまま、「君が代」斉唱の流れです。
今回は特に、様々な思いを持って、問題提起を持って着席しました。
 
 「君が代」は戦前につくられ、天皇の世が代々続くことを願い称える歌詞です。
戦後憲法では、主権在民、国民が主権者となっています。
それなのになぜ、憲法違反と言える歌をうたわないことで処分されるのでしょうか。
 また、「君が代」が国家と決められた当時、国会の付帯決議で「歌う、歌わないは個人の自由、決して強制できない」と記しています。
 そして今、私の元職場である大阪市役所が「言いたいことが言えない」、職員同士疑心暗鬼となる暗い状況をつくっている、張本人の橋下市長が強制で押し付けているから。

 大阪市内小学校の卒業式で起立しなった教師に対し、橋下市長は、「議会で決まったルールを守れない公務員は辞めてしまえばいい。本当に腹立たしい」とコメント。
 3月2日の府立和泉高校の卒業式では、校長が、約60人の教職員が国歌斉唱時に起立しているかだけでなく、歌っているかについて口の動きを確認。「口が動いていなかった」教諭について府教委へ報告したという。
 これにも橋下市長は、「職務命令なわけですから、それを忠実に守ったということで、これは当たり前といえば当たり前のこと」と、友人で民間校長の中原校長を支持。

現代版「踏み絵」の市職員へのアンケート調査
 国会で、日本共産党山下よしき参議院議員は、橋本市長が大阪市役所職員全員に行なったアンケート調査は「心の中をあぶり出す現代の『踏み絵』」、「思想調査」にあたる大問題だとして、野田首相に質しました。

 「街頭演説を聞いたことはあるか」「特定の政治家を応援したことはあるか」「誰に誘われたのか」などの調査項目や、回答は市長の業務命令とされ、正確でない場合は処分をちらつかせる内容である事を明らかにすると、委員会室では、驚きの声とざわめきが起こったとのです。
 「思想・良心の自由を侵すもの」、「憲法下で、恐ろしい監視社会をつくることは絶対に許されない」と、橋本市長の無法行為を浮き彫りにしました。
(3月14日付け赤旗日刊を読んで下さい)

 元職員の私の目からも、市役所内には正すべき問題はいっぱいあります。
 (理不尽なことも、相手側組合に多数で押し通されて来た。)
だからと言って市長が、職員の思想や考え方を市長権限で、強制的に調査することは絶対に許されません。

 *現在、大阪府労働委員会は橋本市長に対し、調査の続行中止を求める勧告書を出しています。 
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-03-15 01:05 | 日誌 | Comments(0)