“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


国連児童基金≪ユニセフ≫の研究機関は、経済力のある先進工業国の中での子どもの貧困の実態を発表。
報告によると、相対的貧困ライン以下の家庭で暮らす18歳未満の子どもは先進35カ国で約15%の3400万人。日本では14.9%にあたる305万人が貧困ライン以下です。
 北欧諸国やオランダなどの貧困率は低く7%。最下位はルーマニアで25.5%。アメリカはワースト2位で23.1%の貧困率、4人に1人です。
そして日本は、高い方から9番目の14.9%の貧困率です。
 
 また、所得格差の深刻さを示す「貧困ギャップ」では、アメリカが37.5%と35カ国中最も大きい格差です。
日本は31.1%で、格差が大きい方から7番目です。

貧困率ワースト10 
①ルーマニア25.5%
②アメリカ23.1%
③ラトビア18.8%
④ブルガリア17.8%
⑤スペイン17.1%
⑥ギリシャ16.0%
⑦イタリア15.9%
⑧リトアニア15.4%
⑨日本14.9%
⑩ポルトガル14.7%

貧困率ベスト3 
①アイスランド4.7%
②フィンランド5.3%
③キプロス6.1%
 オランダ6.1%
 ノルウェー6.1%

*世界で貧困率が高い日本ですが、長引く不況で、さらに国内での経済的格差は広がりをみせています。
厳 しい生活・教育環境が子どもたちを襲っています。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-05-31 17:03 | 日誌 | Comments(0)