“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ゆうゆうバスが3台から2台に縮小され、高齢者・障がい者から「外出しづらくなった」との声があがっています。この4月から、社会福祉協議会(社協)事業として有償移送サービスが車2台で実施されていますが、制約が多いため改善を求める声が上がっています。
9月議会では次の点を要望しました。

【利用基準を緩和し利用対象者の拡大を】
利用対象は「一人で外出困難な人」、要支援・要介護認定者、障がい者手帳保持者に限られています。
さらに、「一人で外出困難な人」の基準が明確でないため、障がいが同程度であるにも関わらずサービスの利用認定に不公平が生まれています。
杖や車椅子に頼らなければ移動が困難な人はすべて移送サービスの対象者とすべきです。
また、療育手帳・精神障がい者手帳保持者も利用対象に含むべきです。

【介助者の同乗条件は柔軟に】
  利用条件に介助者の同乗がありますが、一人で乗降できる人も含めて必要とするのは、外出支援どころか利用を妨げるものです。
高齢者・障がい者の人に介助依頼を煩わせることや、介助サービス利用1回450円など新たな負担を強いるものです。
介助者については「利用者の必要な状態に限る」など、柔軟に対応すべきです。

【利用回数を増やすこと】
利用回数は月2回までですが、利用目的のほとんどは通院です。「催しものや買い物にも、利用回数を増やして欲しい」という声はありますが、車2台の移送サービスでは限界があります。(月2回の利用さえ難しいのが現状)
利用者(現在登録77人)が増加傾向にある状況や、ニーズに応えるには増車以外にありません。

しかし、営利団体でない社協は、維持経費が嵩むとして今後も事業拡大の考えはありません。社協の独自事業としてすすめられていますが、市は、高齢者・障がい者の外出支援の受け皿の一つとして移送サービスの充実にむけ、財政支援も行なうべきであると考えます。
 
【高齢化にむけた外出支援策の充実を】
ゆうゆうバスが縮小され、引きこもりが増えています。
また、高齢になって運転免許を返上する人も増えており、移動困難者とともに移動制約者の増加も予想されます。市は、閉じこもり予防などの事業を実施していますが、何よりも「自分の行きたいところに行くことができる」事が、元気で生き生き自立した生活を送ることに繋がると考えます。

市財政は好転しており、23年度も引き続き黒字です。
ゆうゆうバス3台の復活や市直営の福祉有償運送の検討など、高齢化社会にむけた外出支援策の充実を要望します。

有償移送サービス事業とは
◆対象⇒「一人で外出が困難」要介護・障がい手帳保持者
◆利用時間⇒午前9時半~午後4時半(午前・午後1回運行を2台で運行)
◆利用料 ⇒市内往復600円 片道300円
      市外往復800円 片道400円
◆利用回数⇒月2回(利用には登録申請が必要)
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-10-11 22:41 | 議会報告 | Comments(0)

変わらない市議会


  交野市議会では役員選出にあたり申し合わせ事項があります。
「前年度3役(議長・副議長・監査)についた者は次年度の派遣先は東部治水となる。」 (ただし東部治水を希望する者がある場合は優先する。)


 しかし9月の役選で、あまりなかった事ですが東部治水を希望する議員が3人おり、前年度の3役が報酬ありの議会派遣になりました。
 
 

 さらに、あれっ! これもありかと思ったのは・・・
派遣先の組合議会の議長選挙です。 
 本来なら事態し他の議員に譲るべきかと思いますが、
前年の副議長が、私以外の議員5人の指名推薦で議長に決まった事です。
 
 
 さらにまた、
交野市・四條畷市組合議会の調整役として両市から1名づつ選ばれる幹事の選出のあり方です。
 先日、次の議長となるN議員から、この件で「A議員(前議長)を推薦したい」との話がありました。その場で私が、「幹事をやりたい」と申し出ると、予測していなかった反応でした。
 今日、派遣議員6名で話合いを持ちましたが、いつの間にか、A議員も立候補する事になっており、結果は5対1でA議員に決定です。

 
 やっぱり変らない議会と、複雑な気持ちですが・・・
私以上にこの件で、すっきりしない思いが残る当時者もいるのではないかと期待しますが・・・
[PR]
by kuraji_sacchan | 2012-10-10 14:28 | 日誌 | Comments(0)