“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

 全国で大きな被害をもたらした台風18号ですが、
交野では、観測史上最大の降雨量(倉治雨量局346㍉)となりました。
 市内では、土砂崩れ(石仏の道・傍示の里など)、道路及び河川の陥没(がらと川)や崩落、道路や河川の冠水、住宅への浸水(私部・郡津・倉治の一部)など多大な被害が発生しました。
 
9月議会質問で、「水災害」の軽減について取り上げました。
 近年の水災害要因として考えられるのは、地球温暖化に伴う降雨量の増大ですが、
 加えて、交野では、農地の減少で、雨水の保水・浸透能力が大幅に低下。
 そのため、一気に下流に流れることで被害を広げていると考えられます。
今回及び昨年の水災害は、現状の治水対策では対応できる状況にないものでした。
 市は、今年度予算で、民間業者に「交野市水防災検討業務」を委託しており、その結果に基づき、今後の市の治水対策のあり方・方向を検討するとしています。

9月議会では市に対し、
水災害防止への抜本的な対策を求めると同時に、大雨が降ると浸水・冠水などの被害常襲地域(倉治・郡津・私部の一部)への早急な軽減策を求めました。

抜本的な水災害対策として、下流に雨水が短時間に流れないようにする雨水流出抑制策の推進を提案。
○遊水池や学校校庭など公共施設を活用した雨水貯留層の設置。
○住宅や民間建物への雨水浸透・貯留施設などの設置促進を図るための補助制
 度の実施。
○住宅開発業者に対して、新築住宅の水害対策の指導強化。

などで、安心安全なまちづくりを進めるように市に求めました。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2013-10-17 21:58 | 議会報告 | Comments(0)

  エアコンは普通教室に設置されていますが、音楽室や理科室などの特別教室には設置されていません。猛暑の中の授業に子どもたちは悲鳴をあげています。
 また、学校トイレの多くは建設時のままの古い機能です。家庭等でのトイレの洋式化が普及するなかで、子どもたちは利用に戸惑っています。

特別教室に1日も早いエアコン設置を!

 教育委員会は、普通教室へのエアコン設置効果について「熱中症の予防」や「授業に集中できる」などをあげていますが、一方、エアコンがない特別教室(図工・理科・音楽・家庭科・美術・図書室など)の夏場の授業環境は劣悪となっています。
 文科省の「学校衛生環境基準」では、教室温度について、10℃以上で30℃以下であることが望ましいとしています。
学習環境の改善として特別教室のエアコン設置を求めました。中でも、利用頻度が高い音楽室への早急な設置を求めました。


衛生的で快適な学校トイレに! 
 家庭や商業施設等では快適なトイレ、洋式化が普及していますが、学校のトイレは、昭和50年代に建設された和式中心で古いままの機能で、「臭い」「汚い」「暗い」が付きまといます。
市は、学校トイレの改修について、「学校大規模改造事業」と併せてすすめるとしていますが、改造事業が終了するまでには今後10年を要します。
 最近、トイレが洋式に改修された第1中学校では、子どもらは明るいトイレに大喜びしており、同時に、トイレを汚さなくなったということです。
 トイレは子どもたちの健康を支える場であるとともに、災害時の避難施設でもあります。
 衛生面でも、節水面でも優れている洋式化トイレへの改修を求めました。

ちなみに、エアコン設置、トイレ改修には国から費用の3分1が補助されます。

学校トイレに求められていること
(学校トイレ研究会より)
 

 においの原因は、湿式清掃と和式便器に。菌の拡散の原因にもあるようです。
 小学校に入学したばかりの児童は和式便所に慣れていないため、尿汚れが 多くなり
 ます。付着したアンモニアは、においの原因にも。
  また乾式のトイレからは検出されなかった大腸菌が、湿式の床から検出(約460倍)
 されました。
  菌の量が断トツに多いのは、やはり和式便器まわり。靴を介して廊下や教室まで持
 ち込まれれば、子どもたちの手や口に伝播する可能性もあります。

 下記写真は交野第一中学校トイレです。(トイレは乾式清掃になっています)
c0152027_15201444.jpg
c0152027_15252756.jpg
c0152027_15285939.jpg
c0152027_15321494.jpg

[PR]
by kuraji_sacchan | 2013-10-02 16:35 | 議会報告 | Comments(1)