“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「国保をよくする交野の会」の
高い国保料の引き下げ求める署名にご協力下さい!


◇交野市のH25年度国民健康保険料
  H25年度の国保料は、夫婦2人で所得100万円の場合、年間保険料は17万8200
 円です。
  この5年間で国保料は29,6%も引き上げされています。

◇加入世帯の実態と国庫負担(国の財政支援)のあり方
 加入者は、零細自営業・非正規雇用・年金者・失業者など所得が多いと言える
 層ではなく、世帯の8割 は所得200万円以下です。
  社会保険のような事業主負担もないため、手厚い国庫負担なしには制度が
 成り立ちません。ところが国は、国庫負担を約50%から半分に減らしてき
 ました。
  これが払いきれない高額の保険料を招いている最大の要因です。

◇国保料を引き下げるには
 堺市では4年続けて、国保料引き下げの財政支援が図られています。
  
  交野市でも引き下げは可能です。  
  市の財政はここ数年黒字続きです。積立金も、市が目標としてい
  た15億円をはるかに超え、43億円も溜め込まれています。
    仮に、積立金の1,6 %分7千万円を上乗せ支援した場合、25年
  度の国保料は引き上げせずにすみました。

*参考資料、所得に対する国保料額
  夫婦(40歳~64歳)所得100万円の場合、17万8,200円
                 200万円の場合、32万 300円  
              
「国保をよくする交野の会」では、次のことを求め署名に取り組んでいます。
①国保料を引き下げること。
②国に対し、国民健康保険財政への国負担を50%に戻すことを求めること。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2013-11-04 16:29 | 日誌 | Comments(0)