“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧



 安倍首相は、歴代内閣が「集団的自衛権は許されない」としてきた憲法解釈を変える、解釈改憲の動きを強めています。
 
 集団的自衛権が行使されれば、日本が攻撃されていなくても、アメリカの戦争に日本の自衛隊を参戦させ、戦場で「殺し、殺される」国になるということです。025.gif

「集団的自衛権」について定めているのは国連憲章ですが、国連加盟国に対して武力攻撃が発生した場合、加盟国には「個別的自衛権」とともに「集団的自衛権」があるとしています。
 「個別自衛権」とは、武力攻撃を受けた国が自分の国を守るために排除する権利です。 これに対し、自分の国は攻撃を受けていないのに、外国に加えられた武力攻撃を阻止する権利が「集団的自衛権」とされます。
 

重大なのは、戦後の歴史を見ると、「集団的自衛権」が「他国の防衛」のために発動された例はほとんどなく、大部分が「他国侵略」の口実となってきたことです。
 日本が「集団的自衛権」行使を認めれば、「集団的自衛権」を口実に、外国に攻め込むアメリカと一緒になってその国に攻め込むことが出来るようになります。
 これまで、集団的自衛権が行使された事例を見ても、アメリカによるベトナム戦争やアフガニスタン攻撃など、大国による軍事介入を正当化するために使われてきました。
 
 安倍首相は、「国民の命を守る」ことを強調し、憲法前文や13条(幸福追求権)まで引用して「平和憲法を守り抜く」と発言。過去の侵略戦争の反省も、平和外交の努力もせず、軍事一辺倒の政治を推し進め、東アジアでの軍事緊張を高める言動に終始してきたのが、安部政権です。
そこに、集団的自衛権行使容認が加われば、どんなに危険か火を見るより明らかです。033.gif

憲法9条を壊し、戦争する国づくりを進める安倍政権は許せません。
子どもや孫の世代を、家族を、愛する人を「人を殺し、殺される」戦場に送らせないために、多くのみなさん方と力を合わせてがんばります。001.gif
[PR]
by kuraji_sacchan | 2014-05-26 16:20 | 日誌 | Comments(0)