“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧



-韓国「江原ランド」カジノ賭博から見る-、
韓国カジノ現場の実態を日本共産党堀田府会議員から話を聞きました。
 

『IR(統合型リゾート)』とは

 リゾート(ホテル・ビーチ・ショッピング・グルメ・遊園地・劇場)
に加え、マイス(国際会議場・大宴会室・研修室)、そしてカジノ
(ルーレット・バカラ・ブラックジャック・スロット)が併設され
た施設。IRのかぎは、全体収益の75%にあたるカジノです。

●『IR(統合型リゾート)』の名目でカジノを誘致
・安倍地域再生戦略では、「世界を引き付ける地域資源で稼ぐ地域社会の実現」 として、
『IR』の誘致を促進。(地域の経済効果は期待できず、むしろデメリットが大)013.gif
 
 自民・維新・生活の党は、この秋の国会で、『IR統合リゾート』
 推進法案を提出、成立の見通しも。
 

●カジノ誘致で経済はよくなるのか
・この春、誘致に乗り気の橋下市長のもとへ、世界から6つのカジノ運営会社
 が来阪。5千億~1兆円の投資を申し出て売り込み開始。
 問題は、投資分も十分取り返す儲けは外国のカジノ業者へ。国民に還元無。

・賭博施設がすでにある自治体では、地域共同体の破壊に繋がっています。
  ラスべガス・ネバタ州では雇用に繋がらず、失業率はアメリカで一番。

・リゾートという厚化粧で、家族ぐるみで呼び寄せ、庶民から
 お金を巻き上げる反社会的事業。家庭に貧困と解体をもたらす。

●韓国のカジノ実態
・韓国「江原ランド」では、カジノが出来たことで地域再生どころか地域が破壊。
 江原ランド周辺には、質屋や風俗店のようなマッサージ店が沢山オープン。
 質屋が多いのは、カジノで勝負するお金を車や腕時計を売って作る人が
 多いため。江原ランドに車で来て、車を質に入れてカジノで勝負。
 現金を使い果たし、そのままホームレスになってしまう人が多く、深刻な社 
 会問題に発展。
  また、ギャンブル依存症となり、自分と家族の資産を食い潰し、
 破産や自殺に至るケースが耐えない。

・韓国政府は、依存症患者への入場制限や、賭博中毒センターの指導を受けさ  
 せるなどの対策も実施するが、増加する一方。

●ギャンブル依存症がさらに増加
・日本男性の8.8%が依存症、女性は1.8%、平均で5.3%、約536万人
 (2013年厚労省調査)
・オーストラリアでは依存症男性は2.4%、女性1.7%、
・アメリカでは1.58% 
・フランス1.24% 
・韓国0.8%

*外国と比べても日本人の依存率はすでに高く異常である。
 大半は、パチンコによるものだが、カジノが開設されたら、
 ギャンブル依存症をさらに深め、崩壊する家庭も。
  

*みなさん!034.gif
 経済効果が期待できず、地域を壊す弊害のみの『IR(統合型リゾート)』
 誘致に反対しましょう。

[PR]
by kuraji_sacchan | 2014-09-18 23:51 | 日誌 | Comments(0)

交野市長選挙を終えて



現市長が有利を覆した結果、厳しく受け止めています。

 
 惜敗となったのは、現職への「市長4選は長い」とする批判、また、
「私部宅地問題から始まり交野病院新設まで、賄賂をもらっている」と
黒いイメージを市民に与える1年以上連載の河北新聞の記事、
また陣営の緩み、あと、個人の問題などが、

 
 
  一方、相手候補の前市議は、無所属と言いながらも、実は、府議の補欠選が行われた場合
「維新の会」から出たいと自ら申し出た人。
 告示後、ライン問題で批判を浴び出馬断念となった山本府議から、選挙カー・のぼり・机・椅子
などを拝借。
 さらに、山本府議のポスター400箇所以上に、市長公約のビラを上張り掲示。  
 また、有権者への選挙ハガキ8000枚のうち、5000枚は山本府議が推薦人で送付。
(山本府議のブログより)
 


【はかり知れないこと】
 中学生に対する脅迫まがいのメール問題で、全国から批判を浴び市長選に出馬できなくなった
府議の推薦を受けたり、そんな府議の掲示板に、
自身の公約ポスターの上張りをお願いするなんて、ちょっと変と思いません?
 
 

 当選のためなら手段を選ばないのか、それとも、人権感覚が山本府議と同じなのか、
ここはじっくり質していかないと、交野のまちが大変なことになり兼ねません。



 
[PR]
by kuraji_sacchan | 2014-09-13 23:16 | 日誌 | Comments(0)