“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 交野市の現行の子ども医療費助成制度は、
通院は小学3年生、入院は小学校卒業までです。
両方の、中学校卒業まで助成を求めました。

 9月の市長選挙までは、年齢の引き上げが実現できそうな雰囲気だったのですが、
「日本一の子育て」を公約としていた前市長が敗れてしまいました。

 新市長は、子ども医療費助成を取り挙げ、「負担軽減だけでなく
総合的な子育て支援を検討する」と所信表明ではトーンダウン気味でしたが、
「子ども医療費助成の拡充は全力で取り組む」との答弁を得ました。


そして、断じて許せない!
維新府政の「子ども医療費助成の拡充」(案)です。
 府は来年4月から、子ども医療費助成の通院を現行の満2歳から、
就学前まで引き上げると表明。期待していましたが、今では怒り心頭。

 現行の府の制度は、助成対象年齢が「全国一低い」上に、所得制限や一部負担金を
設定するなど「全国一最悪」の水準です。
 
 しかも、今回、助成拡充とセットで、所得制限を年収860万円から514万円(夫婦と子ども2人)
に厳しくしています。該当年齢児で対象となるのは6割の子どもでしかなくなります。
 交野市のように、独自で頑張って子育て支援の充実に取り組んでいる市町村は、
かえって持ち出しが増えることになります。

 府は、市町村の子育て支援策の足を引っ張る改定案は撤回し、
所得制限の撤廃とともに、助成年齢を中学校卒業までに拡充すべきです。

(交野市選出の元「維新の会」府議会議員は、改悪に賛成するのでしょうか。)

 みなさん!
共産党も加入する交野社会保障推進協議会では、
「子ども医療費助成の中学校卒業まで拡充求める」署名運動に
取り組んでいます。 交野市長に提出します。
 是非とも、ご協力をお願い致します。
[PR]
by kuraji_sacchan | 2014-10-22 22:32 | 議会報告 | Comments(0)