“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
選挙後の1週間は、皆さんへの感謝の挨拶、
事務所の片付けなどであっという間に過ぎました。

 選挙で共産党議員団は、「戦争法案は廃案」、
そして、「くらし・子育て応援の交野市政」実現を訴え、
皆さんから、共感の支持を寄せて頂きました。

 皆さんから寄せられた声・・・
 ・「戦争は絶対アカン!共産党さん頑張って」
 ・「平和を守って欲しい」
 ・「生活が苦しい、ぜひ保険料を下げて」
 ・「子ども医療費は助成年齢の引き上げと同時に、
  窓口では無料にして欲しい」
 ・「ゆうゆうバスが減らされて大変困っている、
  ぜひ増やして欲しい」
 ・「道路の凸凹なくして、高齢者や車椅子などでも
  安全に歩けるように欲しい」
 ・「車道にたまった雨水のハネが跳ぶ、改善して欲しい」
 ・「小中校の子どもが遊べる広場を増やして欲しい」
 ・「50億円の積立金を使って、暮らし良くして欲しい」

市民からの選挙結果の呟き・・・
 ・男性⇒「ライン問題の人が1位か、交野もしれとるなぁ」。
 ・高校生⇒「何で、あの人が1位なん」。
 ・高齢者⇒「これまで滑ってた人が維新やったら当選、何んで」。


 新しい議席数は、15人のうち6人が新人議員なので、
議会の雰囲気は大きく変わると思います。
 
 共産党議員団は引き続き、平和とくらし守る市政の実現に
全力で取組む決意です。宜しくお願いします。
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2015-09-23 21:26 | 日誌 | Comments(0)

交野市議選3日目です

 たまたま、 維新の候補者のスーパー前での演説を耳にしました。

 「交野市の借金残高は多額である、このままでは財政破綻。そこで、市役所改革」をと訴えていました。
 確かに、土地開発公社の返済はありますが、これまでの返済ペースでいけば、数年後また,近い将来での返済は可能です。
 また、建設中の給食センターや、ごみ処理施設などの公共事業を含めると公債費の残高は多額ですが、これらは後々、国から補助金が交付される事業であり、市財政部局は、それを見通した収支計画で事業を進めています。
 
 もう1つの訴え内容は、「交野の子どもの学力をナンバーワン」にする教育改革を進めると訴えていました。
府下で、13番目の交野の子どもの学力を「交野の子どもは塾にいかなくていい」子育て支援などの、教育改革をするとしています。

 今、「子どもに食べさせるものがない」。給食がなくなる夏休みの間、貧困家庭の支援をしている各地の市民団体のもとに助けを求める痛切な声が相次いだといいます。
 親の失業や離婚などによって家庭の経済状況が悪化し、貧困状態に置かれる子どもたちの問題こそ深刻です。「貧困線」を下回る所得しかない世帯で暮らす18歳未満の子どもの割合を示す「子どもの貧困率」は、2012年に過去最悪を更新して16・3%にのぼりました。
 6人に1人の子どもが食べ物に困り、健康も侵され、学習すら保障されないなどの状態は、一刻も放置できません。
 交野の子どもが置かれている状態も似通っています。
 子どもの貧困化こそ深刻な問題です。
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2015-09-09 07:12 | 日誌 | Comments(0)

交野市議選2日目です。


交野市議選2日目。
「若い」、「改革」、「取り戻す」とか、抽象的でよくわから
ない言葉の連呼、政策を訴えず名前だけ連呼する候補者
が目立ちます。

 さて、交野市会議員選挙で「戦争法案」の廃案を訴えていると、
ある自民党議員は、「市会選挙は国政とは違う関係無い!」と
言われます、本当にそれでいいと思っているのでしょうか。

みなさん、「戦争法案」のうちの何本かは、自治体との関係が
明記されています。
 現在の、有事法制においても、国の要請あがれば、自治体職員
がかり出され、自治体の施設や物品の貸与などあらゆる場面で、
戦争に協力することが明記されています。
 そして、「戦争法案」では、日本が攻撃されていなくても、
国が集団的自衛権の行使をすれば、地方自治体はその方針に従
う義務を有することになります。
  憲法に禁じた行為を、地方自治体にも押しつけるとんでもない
法案です。
 黙ってはおれません。


「今声を上げなければ」「人ごとでない」、「戦争法案」の廃案求める波!

 「戦争法案」の廃案求める声は、かついてない新しい
国民の運動となって,高まりを見せています。
  一昔前の、労働組合が動員をかけた1960年の安保闘争と
違って、国民一人ひとりが、「今声を上げなければ」と、
 みんな自覚的に立ち上がっています。
 これは戦後の民主主義の理念が、国民の中にしっかりと
根を下ろしつつあることを表しているのではないでしょうか。

  安倍政権は、来週にも採決しようとしています。
民意無視、憲法違反の「戦争法案」は、絶対に、必ず、
 廃案に追い込みましょう。038.gif
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2015-09-07 21:27 | 日誌 | Comments(0)
 今日から、交野市会議員選挙が始まりました。
激戦です。15の議席に19人が立候補しています。

 私は、5期20年間、子どもから高齢者の誰もが大切にされる
交野のまちを目指し、全力で取り組んで来ました。
今度の選挙は6期目をむかえます。宜しくお願いします。

 さて、交野市会議員選挙の真っ只中に、安倍政権は、日本を戦争する
国につくり変える「戦争法案」の強行成立を考えています。
 8月30日の国会前は、高校生、若者、子ども連れのパパやママ、車椅子の
高齢者など、12万人で埋めつくされました。005.gif
「戦争法案はとめる!」とみんな本気です。
 戦後70年の平和の歩みを、絶対に止めるわけにはいきません。
戦争法案に反対のみなさん! 
日本共産党の3人の議員の勝利で、憲法違反の「戦争法案ストップ」
の審判を下して頂き、必ず、廃案へと追い込もうではありませんか。
 
「暮らし子育て、皆さんの願い市政に届けた20年」
 この4年間では、子どもの医療費助成の中学校卒業までの年齢引き上げ、
長年の、働くお父さんお母さんの要望である病児保育も、やっと11月
から交野病院で実施されます。
 高齢者の負担軽減として介護保険料の軽減対象をさらに広げてきました。
一人暮らし高齢者の緊急通報システムの改善、特定健診の内容改善と
一部無料化を実現できました。
 そして、年内完了の「交野市駅から梅が枝までの私部西線」の歩道
整備や生活道路の補修、また、集中豪雨に備えた水害対策の対策強化
などを求めてきました。

「身近な相談相手としても20年
 「生活苦」、「リストラ」、「差し押さえ」、「DV」、また日常生活での
問題など、相談者の苦難を受け止めながら、自立にむけた支援を行っ
てきました。

 ところで、今また、交野市の財政危機を言われる方がおられます。
現在交野市には50億円の積立金があり、一般会計も12年間連続の
黒字です。財政破綻どころか、積立金は当初の目標額より3倍以上も貯
めこまれています。
(H17年度から27年度までの財政健全化として、暮らし・福祉
などの予算が大幅削減)
 
 ただし、この積立金は、皆さんの暮らし福祉を削って貯めこまれた
税金と言えます。
 ゆうゆうバスを3台から2台に減らし、高齢者の外出に影響を与えて
います。高すぎる国民健康保険料を下げるための財政支援も以前と比べ、
10分の1に削られました。
 歩道や生活道路の補修予算も大幅に削減され、高齢者や車椅子の人が
転びそうな歩道はたくさん残されています。
 また、子どもの貧困化が問題となっている時に、ローンがあっても持
ち家であるとして就学援助制度から子どもを排除、生活援助への貸付金
も借りにくくする要件改悪などを、市と削減に賛成する議員とで進めて
きました。

 その結果、共産党が行った「市民アンケート」では、『以前より、生活
が厳しくなった』と応えた方は7割で、暮らしや福祉の応援、保険料など
の軽減を求めておられます。
 毎年年金が下げられ、働く人の給料も増えない中で、消費税増税
(来年には10%の予定)やアベノミクスによる物価上昇、国保料など
の引き上げは暮らしを圧迫しています。

「暮らしが大変な今こそ、応援するのが交野市や市議会の役割では」
 その役割が今果たせていないのが現状です。
私は、積み立金を使っての、暮らし応援を市に強く求めていきます。

「新しい議会では皆さんと、次のことの実現に頑張ります」
❏1つは、高い国民健康保険料や介護保険料の引き下げ。
 国保料を1人当たり1万円の引き下げ。また、ゆうゆうバスの
 増便や、コミュニティバスの実現も。
❏2つは、子どもの医療費助成の無料化、助成年齢を高校卒業まで
 引き上げ。公園が府下でも少ない交野、子どもの遊び場づくりに尽力。
❏3つ目は、生活道路の整備や歩道のバリアフリー化。
 また、何時起こるかわからない災害防止策の強化。

 最後に、憲法や暮らしを壊す安倍暴走政治の防波堤として、また、
未勝手な身を切る改革の維新政冶から、市民のみなさんの命と
暮らし守る交野市政の実現に、私、全力で頑張ります。
049.gif 是非とも、応援をお願いします。

[PR]
# by kuraji_sacchan | 2015-09-06 21:12 | 日誌 | Comments(0)

力あわせ「戦争法案」必ず廃案に!

 安倍政権が強行しようとしている「戦争法案」は、
日本を「戦争する国」に変えるための法律です。
  しかも、戦場に送られるのは若者です。
未来ある若者を「人殺し」にし、命を奪うことなど、
誰にも許されません。033.gif

 私は議員になるまでの19年間は、「子ども大好き」
「やりがいある仕事」として保育士として働いてきました。
  毎日キラキラ輝く子どもにエネルギーをもらい、同時に、
平和な社会、子たちが大切にされる社会を願って活動
してきました。
  交野に転居後は、共産党の市会議員として5期20年間、
「憲法9条」守る運動にも取り組んできました。
 平和な社会、未来はゆずれません。
  安倍政権の、憲法も国民の声も踏みつけにする強行は
絶対に許せません。009.gif


子育てママも立ち上がる「戦争法案ノー」
声出すことが“究極の子育て”「会」は30県以上に

 
「戦争で殺されるために、大変な思いをして子どもを育てて
いるんじゃない。」029.gif
いま、声を出していくのが『究極の子育て』と、 全国で、
子育て中のママが「どの子も殺させない」と、「戦争法案」
反対のデモや集会を行っています。
 ママたちは、民主主義が破壊されようとしていることに
肌で危機を感じています。

みなさん!
日頃は考え方が少し違う点があるみなさんも!

「戦争法案」許さないの一点で、力をあわせ、憲法違反の
「法案」廃案に追い込もうではありませんか。

[PR]
# by kuraji_sacchan | 2015-08-16 22:52 | 日誌 | Comments(0)