“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

早急な大阪北部地震の被害状況の確認と対応を!

 18日、大阪府北部を震度6弱の地震が発生し、通勤

通学の時間帯を直撃しました。

登校中の小学生がブロック塀の下敷きになって亡くなる

など各地で深刻な被害を広げています。

亡くなった方と、そのご家族にお悔み申し上げ、

被災された方にお見舞いを申し上げます。

大阪府下でけが人も数多く出ていますが、

交野でもけが人や、住居や施設の一部の被害が出ており、

私市にあるあまだのみや園では、園舎の屋内外に

ひび割れ等も起きており、「安心して子どもを

預けられないので心配、不安」として、保護者から

早急な対応を市に求める要望も出されています。

交野市内で危険箇所はどこなのか、

新たな被害を出す場所はないのか。

子どもたちが利用する通学路などを中心に、

安全の総点検や危険防止などの対応を優先的に

すすめることが緊急に必要です。

そして、学校や自治体の負担ではなく、国が

責任を持って対策を取る必要があります。

今回の地震の震源の近くには、神戸市北部から

高槻市方向に東西に延びる「有馬-高槻断層帯」があり、

そしてこの断層を、大阪府の西側を南北に走る

「上町断層帯」や、交野市の東側を走る「生駒断層帯」

など複数が存在します。

地震後や雨が降った後は建物や地盤が脆くなっています。

固定した家具も緩んでいる可能性もあります。

わずかな揺れでも、危険を広げかねません。

皆さん方には、くれぐれも気を付けて頂きたいと思います。



[PR]
by kuraji_sacchan | 2018-06-21 07:58 | 日誌 | Comments(0)