“くらし応援“「日本共産党 交野市会議員 中上さち子」 ngami.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
警察署別の「自殺実態白書」を公表
 年間3万人以上の自殺者が10年間も続いている日本、世界の中でも自殺者が多い国です。
 今回、民間の自殺対策に取り組むNPO法人が、04年~06年の警察署別のデータをもとに地域ごとの自殺者を公表しました。
枚方・交野警察はなんと全国10位で、無職者は9位、被雇用者は13位となっています。自殺の原因・動機については、経済・生活問題に続いて病気苦となっています。
 今後の解明で、地域ごとの特性・背景が見えてくるかと思いますが、国や自治体は、これまでの生活・雇用対策を見直し、国民の命を守るための対策をすすめるべきです。
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2008-07-06 01:30 | 日誌 | Comments(0)
 「廃プラ処理による公害から健康と環境を守る会」事務局 の長野晃さんから、健康被害の実態や廃プラ分別への問題提起がありました。
 
 4市(交野市も含む)リサイクル施設から持ち込まれた、廃プラスチックの再商品化を行っている民間施設イコール社(寝屋川)周辺の住民に健康被害が広がっています。「頭がしびれる、吐き気や発疹発熱、眠れない」などシックハウス症候群に該当する症状が出ています。寝屋川市や4市リサイクル施設は、この訴えに対し、因果関係が明らかでないと被害調査さえ行おうとしません。
 先日、この問題を日本共産党山下よしき衆議院が国会で取り上げ、環境問題の対応として「予防原則」、すなわち完全な科学的確実性がなくても深刻な被害をもたらす恐れがある場合には、対策を遅らせてはならないという立場を国・府・市がとるように求めた処です。
 廃プラのリサイクルについては、プラスチックには千種類もの化学物質が混入しており、リサイクル過程で未知の化学物質が発生している可能性もあることが学者から報告されています。  「健康と環境を守る会」では、廃プラ施設の操業停止を求める訴えをおこし、署名運動にも取り組んでいます。 健康被害の影響は、リサイクル施設から1キロ以内の星田の一部地域にも出ています。022.gif
 
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2008-06-29 23:08 | 北部後援会行事 | Comments(0)

学校の耐震化を急げ!

学校・幼児園の耐震化を早く
 
 中国四川省の大地震では、学校の倒壊により、尊い多くのこどもたちの命が奪われました。その後、岩手・宮城内陸地震も起きており、地震大国である日本の学校耐震化が早急に求められています。交野市の学校耐震化率は33,3%であり、全国58,6%、大阪府55,5%に比べ大きく遅れています。国は今回「学校耐震化促進法」を制定し、事業への補助率引き上げなどを決め、自治体の学校耐震化を推進することとしました。この法律は3年間の期限があるため、一日も早く耐震化事業を進めるべきです。交野市は、学校施設がこどもの命を守り地域の避難所としての役割が果たせるよう、健全化計画での予備的経費1億8千万などを投入するなど思い切った財源投入をすすめるべきです。
 *制度を活用することによって、市の実質負担は、これまでの3割りから1割負担に軽減されま
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2008-06-26 12:42 | 議会報告 | Comments(0)
6月議会報告

 現在、交野市の妊婦健診の公費負担は2回のみです。寝屋川市では7回、枚方市でも5回実施されています。全国では5回、大阪府下では3回が平均です。
 国は、少子化対策事業、また、母体の健康確保から最低5回の公費負担の実施を市町村に求めています。 健診費用は、1回5千円から1万円以上にもなります。
収入が多くはない若い世代にとって、経済的にたいへんです。交野市は、妊婦健診の公費負担回数を増やし、子育て世代を応援するべきです。
 また、里帰り先の健診についても、公費助成を求めました。
 *健診の未受診と出産時のトラブルについて、因果関係があることも報告されています。025.gif
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2008-06-18 13:07 | 議会報告 | Comments(0)

 後期高齢者の保険証が届いたが、どうしたものかと問いあわせがあった。
 「月7万円の年金生活でもう、ギリギリ。ちゃんと税金も払ってきたのに、わずかな年金から、まだ保険料を取るの、お医者さんにかかったらあかん言うやったら、死ねる薬くれたらいいのに」とまで言わせ、高齢者を追い詰める後期高齢者医療制度。
保険料をとりながら十分な治療を受けさせない制度は、「姥捨て山」よりひどい。国策で、お年寄りを切り捨てるのようなものである。
 1万5千円以上の年金があると、介護保険料と後期高齢者保険料が生活費より先に天引きされる。本来は、命と暮らしを守るための社会保障制度であるが今や、その保険料の支払いが生活を脅かしている、とんでもないことになっている。
 自民・公明政権は、ムダ使いには手を入れず、医療費削減を決めこんでいる。まずは、高齢者がターゲットとなった。
最後に「これ以上引かれたら、生活保護を受けないと生きていけない」と、悲しげに話された。
[PR]
# by kuraji_sacchan | 2008-03-31 01:04 | 日誌 | Comments(0)